テロニュースに包まれたNYのハロウィン

ハロウィンは、最近は日本でも少しずつ定着しつつイベントになっているようですが、パーティー好きの人が多いアメリカでは、子供だけでなく大人たちにとっても一大イベントです。

子どもたちは学校でハロウィンの行事があったり、学校からの帰宅後に、絵本にあるような感じで、家々を回ってお菓子を集めます。

そして、大人たちですが、アメリカでは、なんとハロウィンパーティーを行う会社もあり、従業員たちは張り切って仮装して出勤します。また、そうしたイベントがない会社でも、社内はハロウィンの飾り付け一色になります。


周りに溶け込んでいて一瞬気がつきませんでしたが、朝の出勤中に見かけたバニー。
アメリカ人は創造力が豊かなので、コスチュームも手作りする人が多く、一体どうやってそんなアイディアを思いついたのだろう、とか、どうやって材料を調達して衣装を作ったんだろう、というような凝った衣装で街中を歩いている人も見かけるのが、今日10月31日です。

ウェストビレッジで行われる仮装パレードは、全米で最大とも言われ、毎年テレビ中継もされる一大イベントです。

しかし、悲しいことに、今日のハロウィンのお祭りムードは、ロウワーマンハッタンでのテロの事件で一掃されてしまいました。
午後、同僚が、家族や友人たちから「大丈夫?」って連絡がたくさん届き始めたけど、何があったんだろう?と言い出し、ネットで見たところ、大型トラックが歩道と自転車専用道路に突っ込んだとのニュースが飛び込んできました。
そして、事件の現場が、なんとたまたま仕事で来ていたOne World Trade Centerから3ブロックという近さで、さらに驚きました。
いつもは47階から一望できるマンハッタンの光景を楽しんでいましたが、今日は下を覗くと、あちこちにパトカーが見え、騒然としている事件現場も間近に見えました。


写真中央の白い橋の手前と奥が事件現場。8人もの死者が出てしまいましたが、ニューヨーク市警の迅速な対応で犯人は射殺されました。


そんなこんなで、今日は仕事後、寄り道もせずに一目散に帰宅したので、結局仮装らしい仮装をしている人をほとんど見られませんでした。唯一見かけたのは、仮装パーティー後らしき、もはや気合が抜けてしまった仮装をしていた人。こんな格好で電車に乗れてしまえるのもニューヨークです。

 
9.11を堺に世界の情勢は大きく変わってしまったように思います。
それまでは、何か事件があってもまず「テロ」ということは頭をよぎりませんでしたが、最近では、何かちょっとしたことでもあると、特にNYでは皆真っ先に「テロ」ではないかと皆言い始めます。話し合いをせず、一方的に凶器で他人を攻撃しても何も良いことはありませんが、自分の命を犠牲にしてでも、テロ行為に及ぶという人たちもいて、特にNYのような場所に住んでいると、混沌とした世界の動きを感ぜずにはいらせません。

 

海外在住者・日本一時帰国の際の便利な携帯サービス

アメリカに在住の方が日本へ一時帰国の前に準備することは色々あると思いますが、その一つが携帯電話の手続きです。

最近では、移動中の仕事のメールは携帯で確認し、待ち合わせの連絡もフェイスブックやラインで行い、道に迷ったときにはグーグルの地図で現在地を確認し、といった形で、生活の多くの部分が携帯電話に依存しているので、たとえ短期間での一時帰国といっても、アメリカで使用している携帯を日本でも使える状態にしておくのは、日本での快適な滞在のためには不可欠のように思います。

以前、私は、wifiルーターを使って、インターネットに繋ぐ必要が生じたときにwifiに繋ぐといったことをしてみたこともありますが、wifiルーターは電池の消耗が早いため、使わない時にはこまめに電源を切ったりと色々気を使わなければいけず、少し不便を感じました。また、この場合、携帯電話はあくまでアメリカの状態のままなので、たとえ自分が日本国内にいて日本のどこかへ電話をかけた場合でも、アメリカから日本へ電話をしたことになってしまうため、電話料金はおのずと高額になってしまいます。

その後、SIMカードを試したところ、一時的に日本の電話番号をもらうことができるので、wifiルーターの時のような心配がなくなり、それ以来、SIMカードを愛用しています。

SIMカードを貸出してくれる会社から、一時帰国のたびにSIMカードを借りるというのも一つの方法ですが、この方法の場合、毎回日本での電話番号が変わってしまうため、その都度家族や友人に電話番号を伝えなければいけないという手間がかかります。

そんな不便さを解消してくれるのが、HanaCellのサービスです。
こちらの会社では、$39でSIMカードを一度購入すると、年間$8という維持費のみで、そのSIMカードを自分のものとして持つことができるので、自分専用の日本での携帯電話番号を維持することができます。
そして、日本でデータ通信を使った月にだけ、$59の定額データ料金がかかるのみで、パケット使用量に応じた高額なデータ通信料金の請求が来てしまう、という心配も不要です。
また、日本国内での通話料は、1分たったの$0.85。

アメリカに住んでいる方で、仕事で頻繁に日本へ行かれる方、日本での自分用の電話番号を持ちたい方にとって、とてもお得なサービスです。

また、日本人スタッフが、メールや電話で丁寧に対応してくれるところも、安心です。

詳細なサービスについては、下記をご覧ください(日本語)。
https://www.hanacell.com/japan/

 

 

 

Have a good xxxの答え方

先日、アメリカでは、別れ際に、good byeの代わりに、have a good xxx (have a good day, have a good afternoon, have a good night)と言った表現を使うことをご紹介しました(過去記事は、こちらからどうぞ)。


ワールドトレードセンターの跡地にできたOne World Trade CenterトレードOculus。

 

今日はその続きで、その時の返答方法について書いてみたいと思います。

面白いのは、have a good xxxという表現は、日本語で言うと、「じゃあ、またね。」という意味なのですが、それに対しての返答は、「またね。」とはならず、”Thank you, you too.”(ありがとう、あなたもね。)が一般的です。つまり、返答自体は、”have a good xxx”の字面そのものに対しての返答なのです。

私は文章が好きなことから、言葉の微妙なニュアンスにこだわることがあって、日本にいる時、大学時代のサークル活動や仕事の終わりに、「お疲れ様です。」ということに、いつも違和感を感じていました。一緒に楽しい時間を過ごしたサークル活動の後に、なんでお疲れ様なんだろう?なんていうことをよく思っていましたが、NYに来てからは、友達、会社の同僚、近所の知人等どんな人に対しても、have a good xxxという表現が使え、さらに、それはとても前向きな表現のような気がして、とても気に入っています。

この表現は、対面だけでなく、テキストメッセージやEメールの結びにも使えるので、ネイティブの人と交流する機会にぜひ使ってみてください。(仕事上では、電話を切るときに使うことはありますが、カジュアルになりすぎるからか、仕事上でのメールではあまり使うことはないように思います。)

 

ドミニカ共和国の女の子の馴れ初め

最近、ドミニカ共和国出身の両親を持つ、NYで生まれ育った女の子と一緒に仕事をしています。カリブ海に浮かぶ小島、灼熱の太陽の日差しのもとで、のびのびした国民性というイメージが強いドミニカ共和国のイメージそのものの、明るい太陽のような女の子で、それでいて、さらに真面目でテキパキと仕事をこなしてくれるMちゃんを私はとても慕っています。

そんなMちゃんと、先週、今週と地方出張で一緒に仕事をする機会があり、2人で田舎の和食屋さんで夜ご飯を食べながら、色々な話をしました。

Mちゃんは、入社まだ2年目という若い女の子ですが、昨年結婚しました。
しかし、NYで生まれてアメリカ国民であるMちゃんと違い、ドミニカ共和国出身の旦那さんは、まだグリーンカードを待っている段階で、Mちゃんは、なんと交際期間も含めて6年間、旦那さんと遠距離で暮らしています。

そんなMちゃんが、結婚前に旦那さんと取り決めをしたことがあるそうです。それは、家事の平等な分担。

日本では、まだまだ男性の力が強い上に、長時間労働のために、物理的に男性が家事や育児に積極的に参加することは難しい状況ということを、NYには普通にいる家庭的な男性たちを見ると強く感じますが、ドミニカ共和国では、その状況は日本よりもっとひどく、男性は、たとえ女性が働いていても、女性が家のことはすべて行うことを期待しているそうです。
それは、女性の社会進出がアメリカのように進んでいるわけではなく、専業主婦も多い国のため、自然と男性が家のことに協力しないという構図が作られていってしまうことにもよるのかもしれません。

しかし、男女平等、そして女性の社会的自立も広く謳われているアメリカ社会で生きてきたMちゃんは、ドミニカ共和国の封建的なスタイルを受け入れることはできず、今の旦那さんに、結婚する前に、家事はお互いが働いている以上、半々で行うことを提案したそうです。
旦那さんは、ドミニカ共和国出身の男性の中では珍しく、とても柔軟な考えを持っていたようで、今でもMちゃんが半分以上家事をやってくれたらいいな、という思いがある反面、「Mちゃんが幸せであることが一番で、そんなMちゃんを見ていることが好きだから。」と言って、Mちゃんの思いを全て受け止めてくれ、それが、Mちゃんにとって、今の旦那さんと一緒にいることを決意する決め手になった、とMちゃんは私に話してくれました。


ウォール街からマンハッタンを臨む。少し雲がかっていますが、パノラマのようです。

アメリカでは、相手に合わせて自分を無理に変えようとしたり、相手の顔色を伺って自分の考えを言ったり言わなかったり、ということは、特にプライベートな状況ではまずなく、自立した女性たちは、皆、自分の凛とした考えを持っています。

それに対して、日本では、相手に合わせて、つい何でもいいよ、と言ってしまったり、さらには、自分の意見を言わないということがまだまだあるような気がしています。また、自分の考え(たとえば、小さなことでは、何を食べたいかとか)を常に言う社会ではないので、そういったことからも、自分が納得するかしないかは別にして、なんとなく他人が言ったことに合わせる習慣がついてしまっているのかもしれません。

そんなことから、相手に対しても、あくまで自立した一人の人、として、自分の核となる部分はぶらさずに生きているMちゃんは、とても素敵だと思いました。

正直、遠く離れたドミニカ共和国ではなく、自分が住む身近なNYに恋人がいたら良いと思って、大学時代にちょっとデートしてみたりもしたそうですが、あまりに誠実でない男性たちに辟易し(都会ゆえの事情でしょうか。NY、特にマンハッタンには、真面目な男性は少ない、というのはよく言われています。)、結局、自立したMちゃんを尊敬してくれ、そのスタイルを受け入れてくれた今の旦那さんがMちゃんの生涯の伴侶になりました。

欧米では、日本特有の「何でも良い」は通用せず、”What do you want?”と聞かれたら、必ず自分の答えを言うことが求められます。
“What do you want?”と聞いてきた相手は、こちらが伝えたことをきちんと叶えようとしてくれますので(叶えることを楽しんでいるかのようでもあります)、海外では、自分の意見を恐れずに伝え、自分らしく生きていくことを強くおすすめしたいです。

 

日米で輝くスーパー美容師さん

NYには、自分の好きなことに取り組んで輝いているたくさんの日本人女性がいます。
現状に満足せず、常に新たな挑戦を続けている女性たち。
仕事や年齢の枠を超えて、そうしたポジティブなエネルギーを持っている方々と知り合うことができるのも、NYならではの魅力ではないかと思います。

そんな輝く女性たちの中で、私が特に尊敬しているのは、美容師のCocoさん。
以前からブログもされているし、NHKの英語講座に出られたこともあるので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。私のブログでも、彼女に会ったときの感動をこちらに記しています。

高校を1年で中退し、自分が好きな美容師さんの世界に入ったCocoさん。その後、日本にいただけでは物足りず、さらなるステップアップを目指して、LAへ渡り、そこからNYへと移住し、2016年に日本に帰るまでの直近数年間は、5つ星の超高級ホテルに入っているカリスマイタリア人オーナーが経営するJulien Farelという美容室のトップ美容師さんとして活躍していました。

オーナーのJulienは、ケネディー一家やハリウッドセレブ等錚々たる方々を顧客に持ち、彼のカットは1回1000ドル。また、テニスの全米オープンの公式スポンサーでもあり、選手たちが自由に出入りできる会場内に、テニスの試合期間中は美容室をオープンしていて、有名選手たちのカットを担当しています。

そんなオーナーに実力を買われて、日本人でただ一人の美容師さんとして活躍していたCocoさん。彼女が渡米するまでのストーリーは、彼女のブログ(こちら)に詳しく書かれていますが、11月号(10月7日発売)のVERYに彼女の特集が4ページに渡って組まれています。


Cocoさんのブログより。VERYに掲載されている写真。
その道のプロとしての心意気や、女性として、妻として、母としても輝く彼女の姿が手に取るように分かる素晴らしい記事です。

先月、Cocoさんは、NYファッションウィークのお仕事で短期でNYにいらしていました。
たまたまそのことを知って、だめもとでまたカットお願いしたいんです、と連絡をしたら、なんとすぐにお返事を下さり、私の仕事後にわざわざ私の自宅まで来て下さいました。

現在は地元の福岡に本帰国されたCocoさんにとって、1週間半から2週間ぐらいの短いNY滞在では、会いたい友人や仕事のスケジュールでいっぱいであったはずなのに、帰国日の前日の夜という慌ただしい時間に、笑顔でいらしてくださったことに、感動しました。

いつも前向きで、プロフェッショナルとして輝いているCocoさんにたまに会うのは、私の楽しみになっています。どんな人に対しても平等に、自分のことを求めている人に対して、誠心誠意対応してくださるCocoさんだからこそ、みんなに愛されているのだと思います。

私がCocoさんのことを知ったのは、ふだん風邪もめったにひかない私が、度重なる出張疲れがたまって1週間も寝込んでしまって、ベッドから起き上がれないけれど、時間を持て余して、ネットサーフィンをしている時に偶然Cocoさんのブログを発見したことがきっかけです。
Cocoさんの渡米ストーリーに胸を打たれ、その1週間の間に、すべての過去記事に目を通しました。人の出会いはどこにあるか本当に分からないと思った出来事です。

普段は福岡にいらっしゃるCocoさんですが、月に1度は数日間上京して、原宿のwarren tricomiというサロンでカットをしていますので、ご興味ある方はぜひ行かれてみてください。