ニューヨーク移住を考えた時に3番目にしたいこと

この記事は、ニューヨークに本気で移住をしたい方へ向けてのシリーズです。

ニューヨーク移住に当たって限られた情報の中で試行錯誤した私自身の経験から、自力でニューヨークに移住したい方へ向けて、どんな準備をしたら良いかを考えるシリーズものですので、もし過去2回分の記事がまだの方は、ぜひそちらからご覧下さい。

ニューヨーク移住を考えた時に最初にしたいこと

ニューヨーク移住を考えた時に2番目にしたいこと

何度通っても見飽きないグランドセントラル駅天井の有名な天体画。

このシリーズは、大人になってから自力でニューヨークに移住したい方向けの記事です。

そのため、ニューヨーク移住に当たって3つ目に考えることは、日本でのキャリアが十分なものであるかということです。

アメリカと日本の雇用に関しての大きな違いは、日本では暗黙の終身雇用制のもとで、社内の様々な部署を経験しながら少しずつ昇進してその会社のこと全般に精通した人材になることが求められるのに対して、アメリカでは、特定の分野での専門性が求められることです。もちろん、コールセンターのスタッフのように代替可能な職種も多くありますが、ビザのサポートも必要な移民の場合、自分の専門性が大きな武器になりますし、それがニューヨークに残れるかどうかの重要な鍵になります。

医者や弁護士といった専門職でなくても、例えば、広告代理店業界でのマーケティングのスペシャリスト、人事のスペシャリスト、プログラミングのスペシャリストといった形で、経験がないと分からない分野は数多くあります。

アメリカの会社には、日本のように丁寧な人材育成の方針がなく、どの会社も「即戦力」を求めています。

アメリカで就労経験があれば一番ですが、大人になってからニューヨークに移住する場合、そんなことはありませんので、日本での経験が大きく問われることになります。

トランプ政権になってからは、ビザの取得や更新がかなり厳しくなっていますので、アメリカ人でなく、自分を雇ってもらわなければいけないことを移民局に証明して、納得してもらう必要があるのです。

そのため、どんな分野であれ、アメリカの会社で即戦力としてやっていける知識や経験がないといけません。

こんなことを書くと、10年以上の経験が必要なように聞こえてしまうかもしれませんが、個人的には、自分自身や友人たちを見ていて、日本では最低3年の経験はあった方が良いと思っています。(私自身は日本で4年半働いて渡米しました。)

今度は、具体的にどのようなビザの可能性があるかを考えてみたいと思います。