オリンピックへの関心が薄すぎるアメリカ社会

日本では、冬季オリンピックが連日相当な盛り上がりだと思います。
スポンサーとして、オリンピック協会にどこよりも多額のお金を払っているアメリカの大手テレビ局NBCに配慮して、人気競技はアメリカ人が観戦しやすい時間帯に組まれているようですが、不思議なことに、アメリカ人はほとんどオリンピックに関心がありません。

先日の男子シングルのフィギュアスケートですら、NBCのメインのチャンネルでは、アメリカ選手が出場しているアルペンスキーとアメリカチームのホッケーの試合が同時刻に行われていたので、入れ替わりで放映していました。NBCのサブチャンネルでかろうじてフィギュアスケートの生放送をしていましたが、注目はアメリカ選手に向けられ、羽生選手は少し取り上げられただけでした。

続きを読む