アメリカ生活で大切な「自分を信じる」という発想

アメリカ生活には、様々な困難がつきまといます。
ニューヨーク生活も9年目に入ったので、最近では、困難と思うようなことに遭遇することはほとんどなくなりました。
色々な問題への対処の仕方が分かってきたり、英語で相手と同じ目線で会話ができるようになってきたりしたことで、渡米初期の頃であれば困難と思っていたことも、’そうではなくなってきたのです。

アメリカ生活での大変なことは、人によって形は違えど、誰にでも必ず、大小様々な形で訪れていて、そうしたことを乗り越える体力と運を持ち得て、’かつ、アメリカが好きな人が、最終的には、アメリカに残り続けていくのだと思いますが、その時に私が大切だと思っているのは、「自分を信じる」ことです。

慣れ親しんだ日本でも、受験や就職といった大きな転機はありますが、アメリカに来てからほど、「自分を信じる」ということの大切さを実感したことはありません。

ウィリアムズバーグの人気ホテル、Wythe hotelのホットケーキ。

「自分を信じる」とは、「自分の直感を信じること」と「自分の選択を信じること」だと私は思っています。

「自分の直感を信じること」とは、具体的には、直感的にこれだと思ったことには飛びつくことだったり、逆に、直感的におかしいと思ったことや人からは遠ざかることです。直感的に面白そうだと思ったイベントに、たまたま一緒に行く友人が見つからなくて思い切って一人で参加してみたら、そこで今でも親しく交流が続いている友人たちとの輪ができ、さらには、今では私のニューヨーク生活は成り立たないほどに大切な友人たちとの出会いへとつながっていきました。その反対で、渡米当初、まだ友達が少ないでしょうから友人を紹介したいので、とある方に誘われて行ったイベントがネットワークビジネスの勧誘の場であったこともありました。その時は、その方と最初に話をしたときには、すごくおかしいとまで思わなかったので、イベントにまで連れ込まれてしまいましたが、その後のニューヨーク生活では、話していて直感的におかしいと思った時にはその相手からはうまく身をひいて次に誘われないように、という勘を働かせています。私の友人で、ニューヨーク生活がまだ短く、そのへんの立ち回りがまだできなくて、かなり精神的に疲弊してしまったことがある、と話している子がいましたが、ニューヨークでは、経験に基づいて、直感を働かせることが、とても重要です。私は特別な能力があるわけではありませんが、やはり心身健康でいるとそうした直感も磨かれると思って、規則正しい生活や食生活には気をつけています。

ウィリアムズバーグには、こんな街角アートがあちこちにあります。

そして、「自分の選択を信じること」ですが、何か問題があったときに、結局誰も責任はとってくれず、最終的に頼れるのは自分しかいないので、自分が選んだことに自信を持つことは、とても大切だと思います。ただ、自分の選択を信じるには、信じられるだけの根拠が必要で、そのためには、色々行動したり、調べたり、勉強したり、といった地道な努力が不可欠で、そうした積み重ねが、自分の選択を根底から支えてくれることになります。私はアメリカで既に2回も転職していますが、その転職は全て、自分の選択を信じることで行なってきて、今でも、タイミングや転職先も含めて、その選択はベストだったと思っています。私にとって、アメリカでグリーンカードを取得することとアメリカ人社会でビジネスができる人になることが、渡米当初の最大の目標だったので、転職は、その目標に近づくことを最優先にして決めました。面白いもので、自分と縁が合うものは不思議と話がとんとん拍子に進んで、私の2度の転職は、幸いとてもスムーズでした。その逆で、自分に縁がないことにこだわっていたこともあり、そのこだわっているという選択をしている自分に自信がなかったものの、こだわり続けて疲れてしまうことも経験しました。でも、後から考えれば、その選択をしている自分に自信がなかったからこそ、自分には縁がなかったことなのだと思います。

自分を信じる能力が高い人のことを英語では、self esteemが高い人と表現しますが、謙遜の文化で育った日本人には低い人が多いself esteemを高く保つことは、アメリカ生活でとても大切なポイントです。

ニューヨークの国際結婚カップル

「ニューヨーカーの出会い方」というシリーズで過去4回に渡って記事を書いてきましたが、とても人気の記事でしたので、今回は、ニューヨークの国際結婚カップルについて書いてみたいと思います。
過去記事は、こちらからどうぞ。

https://whitecatinny.com/category/nyで恋をする/

アメリカに住んでいる日本人は、かなりの確率で国際結婚をしていると思われる方もいるかもしれませんが、ニューヨークのように、日本人が多くはないものの一定数住んでいるような都市では、日本人は日本人と結婚しているケースがほとんどです。
そして、国際結婚の場合は、その大半が日本人女性の場合で、日本人男性が日本以外の国籍の人と結婚しているケースは、ニューヨークでは極めて少ないです。

ブルックリンのウィリアムズバーグの人気ホテル、Wythe Hotelは通用口もおしゃれ。

それは、どんな事情によるのでしょうか。
まず、一番に考えられるのは、育った環境と食べ物です。
日本で育った場合、当然ですが、日本の価値観が標準となりますが、一歩日本の外に出ると、日本で当たり前だったことがそうではない、ということはよくあります。

例えば、ニューヨークの場合、結婚してアッパーイースト(マンハッタンの高級住宅街)に住んでいる女性で、ごはんを全く作らない人は割と普通にいるそうです。
どうしてそんなことが成り立つのかと不思議に思ってしまいますが、女性も働いていて忙しい上に料理が好きでないような場合では、お手伝いさんが作ったり、デリバリーを頼んだり、といった形で、済ませているようです。日本だったら考えられないことです。
アメリカ人女性がそんな感じであれば、日本人男性はなかなか一緒にいることは難しいのではないかと思います。
これはあくまで一例ですが、女性のほうが男性よりも変化に対応しやすいので、異なる価値観に対してもより順応しやすく、日本人女性のほうが、日本人男性よりも国際結婚に向いているのかもしれません。

また、食べ物の好みの許容範囲もとても重要な問題です。
日本には、色々な国のレストランがあり、和食以外の料理を楽しむことはごく普通のことですが、アメリカでは、どんなに日本食が好きというアメリカ人でも、ダシの味の深さや薄味の和食の美味しさを分かる人はまだまだ多くありません。アメリカ人は、小さい時から、濃い味付けのものばかり食べているので、繊細な和食を究極的に理解するのはかなり難しいと思います。苦手なものが多いと言われてしまえば、そうでない方が相手に合わせることが一番早い対応策となります。その時に、日本人女性の方が、日本人男性よりも柔軟なので、そういった点からも、日本人女性のほうが国際結婚率は高いのかもしれません。

ニューヨークで先月オープンした話題の日系レストラン、Davelleのおでん。こうしたいわゆる和食のお店は、同じく味が分かって一緒に感動できる日本人と行きたいです。

私の友人でアメリカ人男性と国際結婚した子は、結婚してから、驚いた価値観の違いがあると話していたことがありました。
その男性は、両親が共働きで、家族で夕ごはんを食べるという習慣がなかったようで、私の友人が夜ごはんを、旦那さん、子供、自分の分と用意しても、旦那さんは自分の分だけ持ってリビングに行ってしまい、テレビゲームをしながらごはんを食べたり、ということがごく普通にあるそうです。
この話だけを聞くと、なんて非常識な人、と日本ではなってしまうかもしれませんが、私も何回も会ったことがあるその旦那さんは常識的な方です。
アメリカには、本当に色々な価値観の人がいるので、そういった話を聞いても、すぐに非常識という発想にはならず、きっと育った環境の違いから、そんなこともあるのね、と言った感じになります。
友人は、過去に何度か旦那さんにそのことを指摘しても直らなかったので、今は子供も小さいので諦めているそうですが、子供が小学生になった頃からは、食卓で食べてもらわないと、と強く思っているそうで、そのときには、旦那さんを説得しなければいけません。

このような感じで、国際結婚の場合、日本では当然と思っていた価値観が思わぬところで通らないこともあり、自分がどうしても譲れないことに関しては、相手ととことん話し合い、納得して、変えてもらうしかありません。相当なエネルギーが要りそうですが、自分が譲れないのであれば、話し合うしか解決方法はないのです。こういったことが、日常生活で出てくることになるので、傍から見ていたら華やかに見える国際結婚も、当事者からすると大変なことが多いようです。