6月はプライド月間

あっという間に6月も半ばとなりました。

日本の6月というと梅雨のイメージが強いですが、NYの6月と言えば、プライド月間。
驚くことに、6月1日を迎えたとたんに、街のあちこちで虹色の旗を見かけるようになりました。

img_6006

ウォール街にある有名なトリニティ教会にもレインボーフラッグ。教会のように保守的なところにもレインボーフラッグが掲げられているのにはびっくりしました。

img_6013

こちらは、チェルシーの眼鏡屋さん。おしゃれなレインボーの装飾です。

虹色の旗は、ゲイのシンボル。おしゃれなお店やレストランが集まるチェルシー地区は、ゲイが多く住むことでも知られていて、こうしたエリアを歩いていると、虹色の旗を掲げたアパートを見かけます。

プライド月間とは、LBGTQ(レズ、バイセクシュアル、ゲイ、トランスジェンダー、クイアー(自分の性別認識が曖昧な人))の人たちへの認知度を高める月です。
こうした社会の少数派の人たちは、過去の歴史を紐解くと、差別を受け、抑圧された環境下での暮らしを虐げられていました。

続きを読む