コロナの中で心温まるニューヨークの街角

みなさま、お元気ですか。
日本のメディアでNYのことを「戦場」のようと報道しているようで、そんな「戦地」に住んでいて大丈夫と心配されている方もいらっしゃるようですが、私の近所は驚くほど平和です。もともと夜はどこか遠くの山奥に旅行に行ったのかと思うぐらい静かとなる住宅街なのですが、経済活動がessential business(生活に最低限必要とNY州が決めた一定のビジネス。該当する主なビジネスは病院、薬局、スーパー、郵便局、電車やバス、銀行、酒屋、レストラン、ペットショップ、クリーニング屋です。)に制限されていて、不要不急以外の外出もしてはいけないため(今まで法的抑止力はありませんでしたが、最近は、違反者には100ドルから500ドルの罰金が課されることになっています。)、交通量が減り、空気も心なしか澄んでいるように感じます。そして、暖冬だった今年は、1ヶ月も早く春が到来して、木蓮や春の花が咲き乱れていて、おしゃれなタウンハウスをより際立たせています。

クリスチャンが多いニューヨークでは、イースターは一大行事。今年のイースターは4/12。教会でのイベントや子供向けの恒例のイースターエッグハントも行われないでしょうが、こんなに可愛い飾り付けのタウンハウスを見かけました。

続きを読む