コロナ下で奮闘するニューヨークのフードビジネス

コロナによりどの業界も大きな影響を受けていますが、ニューヨークでよく話題になるのは、飲食店業界。ニューヨークには、家族経営で何代にも渡って続く小さな商店のようなビジネスから、朝の通勤客のニーズに応えるために夕方早々にお店を閉めるコーヒーショップ、観光客の需要に大きく依存した観光地近くのレストラン、地元ニューヨーカーに愛されてきたお店、そしてあらゆるジャンルのミシュランの星付きレストランなど、多様なお店があり、その数は数え切れないほど。毎月雨後の筍のように新しいお店ができては消え、ということが繰り返されてきました。

現在、飲食店業界は、テイクアウトとデリバリーのみ。そのため、スタッフへ払う時給などを考慮すると採算が取れないとして、完全休業を続けているお店もあれば、こんな状況下でも家賃は払い続けなければいけないので、なんとか資金を捻出しようと、臨機応変にこの状況に対応しながらお店を続けているところとに二極化しています。トランプ大統領が発表した中小企業への補助金制度では、従業員が500人以下の会社について、社員をそのまま雇用し続けることを条件に、2ヶ月分の人件費は、国から補填されることになりました。申請が通るまで一次的に休業し、補助金を受け取って営業を再開したところも多くあります。

IMG_3425

おしゃれ地中海料理のレストラン。最近、お店の入り口を利用して、こんなサービスを。人形がマスクをしているのにも注目です(笑)こんな風にしてカクテルを売っていたらつい買ってしまいますよね。

続きを読む

世界中の人を惹きつけてきたミシュラン三つ星シェフの思い切った決断

一足早く春が訪れたNYは、新緑が美しい季節になりました。感染者数は激減しているものの、ニューヨーク市に対しての州知事による自宅待機命令は引き続き行われていて、皆その解除を待ちわびています(一定の条件を満たした地域から経済の再開が許されることになり、NY州の北部地域から少しずつ開放が始まっています)。

IMG_0487

天気が良い日は公園は、お散歩や自転車、ライニングをする人たちで賑わっています。

 

essential事業として、レストランはテイクアウトとデリバリーのみでの営業が認められていますが、もともとこうした事業を行っていない超がつくほどの高級レストランは、苦境に立たされています。世界中からの食通たちを惹きつけ、2017年には、世界最高のレストランの勲章をもらい、ミシュラン3つ星の常連、Eleven Madison Parkも例外ではありません。料理の質はもちろん、盛り付けから店内のインテリア、遊び心満点の仕掛けなど、このお店を最高級のレベルに保つために雇われていたスタッフの数はなんと175人。そのトップに立っていた経営者でありヘッドシェフのダニエル・ハムさんは、窮地に立たされてしまったのです。

49851147807_1b8bc45ecd_c

マディソンスクエアパークを見渡す場所にひっそりと構えるEleven Madison Park。あまりに控えめな店構えに、よくこの前を通っていましたが、実際にお店に行くまで気がつきませんでした。2015年、突然キャンセルが出て、ディナーに行けることになりました。ブログ内の写真は当時撮影したものです。当時の体験談は、こちらからどうぞ。

 

ビザで雇われていた移民シェフも多かったというこのレストラン。なんとか従業員たちを雇い続けて守ろうとしたそうですが、今後の予約が全部キャンセルとなりお金が入ってこない状態でそれができないことはすぐに明らかとなり、考えに考え抜いたハムさんは、なんと、驚くべき事業モデルの転換を図り、注目を浴びています。

続きを読む

NYで日本人以外の友達を作る方法(4)

NYで日本人以外の友達を作ることは、なかなか容易ではありません。

やはり、人間も動物。自分と同じような人といると居心地が良いので、自然と、自国の人同士で固まる傾向があります。驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、NYに長年住んでいながら友達がほとんど日本人、という人は、意外とたくさんいます。英語の勉強をそれなりに頑張り、自ら何らかの形でアメリカ社会に入っていこうという努力をしない限り、日本人以外の友達はできません。これは日本人に限った現象ではなく、中国人や韓国人の結束の強さは日本人の比ではないですし、両親がイタリアやギリシアの移民である人たちも同じようなことを言っていました。こうしたコミュニティーにいれば、母国語だけで、あえて英語を頑張って勉強しなくても暮らせてしまうのが、人種のるつぼ、ニューヨークなのです。

過去3回に渡って、日本人以外の友達を作る方法を検証してきました。
日本人以外の人たちに囲まれた生活でいながら、日本人以外の友人を作るのがどれだけ大変かを書いた第一回
職場での交友関係について書いた第二回第三回

今回は、職場以外の場所で日本人以外の友人を作る方法についてです。

続きを読む

NYのロックダウンってどんな状態?

NYでは、3月22日の夜から、「いわゆる」ロックダウン生活が始まりました。

非常事態宣言下にある日本の状況は、実際に私が体験したわけでなく見聞きしただけにすぎませんが、多分ニューヨークの自宅隔離政策とはだいぶ状況が異なっているようです。そこで、今日は、ニューヨーカーの生活がどのような感じかをお届けしたいと思います。

IMG_0667

ニューヨーカーはこういうユーモアが大好き。このクマは、gummy bearと呼ばれる通常は指の先ぐらいの色々な色の小さなグミで知られています。

 

最近驚いたのが、何人かの人に、「ニューヨークは世界で一番危ないところと報道されている」と聞いたことです。実際にニューヨークに住んでいる私や友人たちはとても落ち着いた生活をしていて、色々な悲惨な写真や動画が報道されるのを見ては、なんだか意図的にニューヨークが危ない、という状況を作り出すためにメディアが躍起になっているようにも感じていました。最近はユーチューブなど、個人でも情報発信ができる時代で、英語のユーチューブを見ると、メディアの矛盾に関する市民レポーターの反撃など色々出てきますが、この記事では、私の近所を中心に、写真をたくさん交えながらNYの現状を紹介したいと思います。

IMG_3686 2

ある晴れた日のこと。家の中で食べるのに飽きたこのお兄さん、外でピザを楽しんでいます。

 

この記事の最初に「いわゆる」ロックダウンとあえて書きました。それは、都市機能は完全には麻痺していないからです。

続きを読む

人生を変えるコロナ期の過ごし方

NYはどうやら日本では世界で一番危険な場所、という報道をされているとたまに耳にするのですが、私はそんなニューヨークで毎日穏やかに暮らしています。もちろん、こうした生活が成り立つのは、前線で頑張っている人たちがいるからこそです。同じ状況でも、実際、ニューヨークに住んでいる私を含め多くの人がニューヨークを危険な場所と思っていない一方で、外のメディアがその場所の危険な場所をクローズアップした写真や映像を軒並み取り上げて、危険な場所と言っているのはなんだか不思議な気がします。

今日はメキシコのお祭り、Cinco De Mayoの日。スペシャルメニューを提供するお店も。

続きを読む