遊び心満載☆ノスタルジアトレイン

年々暖冬になっているニューヨーク。日によって気温差はありますが、今年も総じて過ごしやすい日が続いています。
私がニューヨークの寒さの基準としているのは、着るコート。本当に極寒のニューヨークでは、日本で着ていたコートでは全然間に合わず、私はZARAで買った内側がもこもこでスキーのジャケットのようなダウンジャケットを引っ張り出してきます。このコートが登場しないうちは、本格的な寒さではないかもしれません。

そんな過ごしやすい冬のニューヨークのこの時期の楽しみといえば、街中を彩るイルミネーションやホリデーデコレーションではないでしょうか(ニューヨークには色々な宗教の人がいて、クリスマスはあくまでクリスチャンのための行事なので、ニューヨークではあえて特定の宗教を避けるために、この時期のことをホリデーシーズンと呼んでいます。)。

ニューヨークの冬の楽しみ方は、皆それぞれ違うかもしれませんが(過去記事でご紹介した冬のおすすめは、NYで冬を楽しむのカテゴリー内の記事をぜひご参照ください。)、この時期はイベントが多すぎて、毎年消化不良です。

しかし、今年は私が渡米以来やってみたかったことをついに達成しました。
それは、期間限定のノスタルジアトレインに乗ること。鉄道おたくでは決してありませんが、歴史あるものが好きなので、ずっと気になっていたこの企画。

それは、なんと、1930年代に実際に使われていた地下鉄にそのまま乗車できるというものです。

丁寧に保存されてきたからか、現代の汚い地下鉄よりもきちんとしているかもしれません(笑)

 

イベント好きのニューヨーカーが考えそうなこの面白い企画は、ニューヨークの冬の風物詩の一つとなっています。それは、11月後半から12月末にかけての1ヶ月間、特定の週末に数本だけ、普通の地下鉄の路線を、大昔に使われた地下鉄が走るというとてもユニークなものです。

毎年ブルックリンの遠くの路線で行われていてなかなか行けませんでしたが、今年は2nd avenue line開通記念で、アッパーイーストの2nd avenueの始発96丁目の駅を通る路線が選ばれました。

1930年代といえば、日本は昭和の時代が幕開けしてまだ間もない頃です。そんな時代の電車がいまだに当時の姿で保存されていることだけでもすごいことですが、冬の楽しみとして、実際に運行してしまうという発想は遊びが大好きなニューヨーカーらしい発想かもしれません。

2nd avenueの96丁目駅。

 

電車が駅に到着すると一斉に拍手が沸き起こり、皆良い写真を撮ろうと一目散に電車へ近づいていました。電車は外観だけでなく、中も当時のまま。いすは意外としっかりしていて、裸電球がむき出しになっていたり、当時のまま広告も残っていて、時代の面影が至るところに感じられます。走っている途中で、蒸気機関車のような音が突然鳴ったり、電球が一瞬切れて社内が真っ暗になるところは、当時を再現した演出なのか、ただの不具合なのかは分かりませんが、友達とおしゃべりしながら、あっという間にマンハッタンの反対側まで到着しました。

昔の地下鉄は、こんなに落ち着いた色だったようです。

ネコの耳のカチューシャをつけた可愛い子もうまく写真に入ってくれています。

社内の広告にも注目です。

数年に一度ずつの度重なる値上げを経てついに1回の乗車運賃2.75ドル(ニューヨークの地下鉄は距離に関わらず、一律料金です。)にまでなった地下鉄ですが、当時はたったの10セント。

裸電球やむき出しのファンにも時代を感じます。

 

友人によると、この電車を含め、他にも昔の地下鉄は、ブルックリンにあるNew York Transit Museumに保管されていていつでも見ることができるようですので、ニューヨークの昔の姿に興味がある方は、ぜひお出かけください。
ノスタルジアトレインの運行スケジュールも同じくTransit Museumのサイトから確認ができます。

New York Transit Museum

ノスタルジアバスもあるようですが、こちらはHPに正確な運行スケジュールが載っていませんでしたので、運良く乗れたらラッキーかもしれません。

Harvey Weinsteinニュースの余波

今朝からアメリカは、Matt Lauerさんのニュースでもちきりです。
最初名前を聞いたとき、誰だろう?と思ったのですが、顔を見たらすぐに分かったこの方は、NBCというアメリカを代表するテレビ局(フジテレビのようなイメージ)の朝のニュースの看板キャスターのおじさんです。

ウィキペディアより。

平日に毎朝アメリカのリビングルームでその顔が流れ、丹精な顔立ちと落ち着いたキャラクターで人気を博していた看板キャスターは、今朝、いつも通り朝のニュースに出演するために出勤したところ、朝4時に解雇を言い渡されました。他の番組出演者たちには、動揺しないように、7時に番組が始まるたった数分前まで伏せられていたそうです。

アメリカの芸能人にも有名人にも疎い私でも知っているこの方は、私がニューヨーク生活に慣れ始めた頃、英語の勉強のためにと毎朝見ていたニュース番組のキャスターで、もちろん会ったことはありませんが、私にとって馴染みのある方でもあります。

ご自身のtwitterより。

その方に一体何があったのでしょうか。全ての事の発端は、日本のニュースでも大きく報道されていたHarvey Weinsterinのセクハラ疑惑に遡ります。
その後、映画界の人だけでなく、テレビのキャスター等、アメリカのメディア界を引っ張ってきた多くの人たちにもセクハラ疑惑が次々と持ち上がり、数日に一人という驚くべき頻度で、有名人が次々と加害者としてニュースに登場してきました。
そして、極めつけは、Matt Lauerさん。アメリカのニュースキャスターの巨塔の一人で、アメリカ大統領へのインタビューやオリンピック中継のメインキャスターを何度も務め、その他、つい先週のサンクスギビングの代名詞とも言えるMacy’sが主催するパレードの実況中継も1998年から担当していたベテランキャスターに、一体何があったのでしょうか。

報道によると、2日前の11月27日にNBCの女性職員が、Mattから長年に渡ってセクハラ被害にあってきたことをNBCの幹部に告げ、そこから直ちに始まった調査で、この件以外にも複数の疑惑が浮かび上がり、今回の決定に至ったそうです。

Harvey Weinsteinに始まる一連の騒動は、色々謎めいた点も多いです。
Harvey Weinsteinのセクハラ疑惑は、業界関係者の間では有名だったものの、なぜ何十年も封印され続けられてきたのでしょうか。そして、なぜこのタイミングで公にされたのでしょうか。

Harveyの場合は、映画制作者という彼の肩書とそのあまりにも強い権力から、駆け出しの女優さんたちが、自分の仕事がなくなってしまうのを恐れて泣き寝入りしてきてしまった、というのは納得がいきますが、NBCのような大手テレビ局の内部で起こっていたセクハラ疑惑は、なぜ今まで封印されてきたのでしょうか。NBCのようにしっかりした会社であれば、従業員による匿名のホットラインのような制度もあったでしょうし、人事部も大きな力を持っているはずです(アメリカの人事部は、日本企業の人事部と比較して、総じてかなり社内での力が強いです。)。ソチオリンピックの頃から始まったと言われているMattによるセクハラの被害者は、匿名という形でも過去にこの件をNBCの幹部に伝えることはできたはずですが、現時点での報道では、過去にそうした動きがあったとの報道はありません。善悪がかなりはっきりしているのがアメリカ社会の特徴ですが、長いものには巻かれるの原理で、相手の男性があまりに有名人だったり力がある人だと、会社側も男性を守ろうという動きになりがちで、女性側は、自分の訴えは跳ね返されてしまうと思い、ずっと今まで我慢し続けてきたのでしょうか。
しかし、こうして名乗りを挙げるまで何年間もの間、MattにNoと言うことはできなかったのでしょうか。

私がアメリカ社会の仕組みについて知らない部分が多いために、こんなにも女性たちが強くて自分の意見を主張する国で、泣き寝入りがあることに驚いていますが、私の疑問は何かの機会に、アメリカ人の友人に聞いてみようと思います。

NBCニュースでMattと長年タグを組んできた女性キャスターは、今日、この件について、昨日までMattと一緒に出演していた朝のニュース番組でコメントを発表しました。突然のことに動揺が隠せない様子で、Mattのことをdear friendと呼び、仕事の上でも尊敬していたことが伝わる内容だっただけに、皆が衝撃を受けています。

今回の件で驚くのは、NBCの対応の早さです。月曜日に発覚した件が水曜日早朝には解雇という事態へと発展。しかも年収20億円と言われる看板キャスターです。日頃思うのですが、アメリカ人の思い立ったときの行動力には目を見張るものがあり、ほぼ1日半から2日という短い間に解雇するに足る証拠を集めてしまいました。
これがもし日本で起こっていたら、こんなに早くこうした形での決着を迎えていたかしらと、ふと思いました。

ニュースキャスターの英語はそれなりのテンポはあるものの聞き取りやすく、私のリスニング力の手助けをしてくれていた方が、こうした形で、自らの手で自ら築いてきたキャリアを棒に振ってしまい、一瞬にして第一線から消えてしまったのは、とても残念です。

*Weinsteinの件については、アメリカ事情に詳しい日本の友人が教えてくれたこちらの記事が、鋭い考察力で読み応えがあります。

ニューヨーク移住を考えた時に2番目にしたいこと

先日、ニューヨーク移住を考えたときに最初にしたいこと、そして、なぜそれが必要なのかということを書いてみました。

ニューヨーク移住を考えた時に最初にしたいこと
ニューヨークにひそむ誘惑とは?!

今回は、その最初の関門を突破した次のステップのお話をしてみたいと思います。

ニューヨークで何年後にどんなことをしていたいという目標が決まったら、次にしたいことは、ビザの申請といった書類手続きが思い浮かぶかもしれませんが、その前に重要なことが、資金計画です。

駐在員としての渡米ではなく、自力での渡米の場合、ニューヨークへ渡る前、日本にいる段階でニューヨークでの仕事が見つかっているということは、かなり難しいと思います。
そうすると、渡米後一定期間は無職ということになります。

また、3ヶ月以上の滞在であれば、何らかのビザが必要になるので、そのためのお金も必要になります。多くの人は、学校に行くという形をとると思いますので、その場合は、学生ビザの申請が必要です。学生ビザはあくまで勉強のためのビザで、アメリカ国内での就労を固く禁じています(大学生が大学内の施設で働くことは一定の条件のもとで認められていますが、それ以外での例外はまずありません。)ので、学生ビザ取得のためには、銀行の残高証明書をアメリカ大使館に提出して、学校に行っている間生活をするための貯金が十分にあることを示さなければいけません。

アメリカでの生活の立ち上げには、意外とお金がかかります。
家の保証金を支払ったり、不動産屋さんを介して物件を探した場合には手数料の支払いもありますし、学校への学費の支払い、ビザの申請費用(留学斡旋会社を頼まずに自分でできますが、それでもビザ申請費用等諸経費は発生します。)、渡航費等々。
そういったことを考慮し、さらに、仕事が見つかるまでに数ヶ月かかると考えると、その間の生活費も必要です。

貯金が十分にないと、精神的にも不安定になってしまいますし、さらには、ニューヨークでの滞在が思った期間できそうになくなってしまった時に、アルバイトに精を出さざるを得なくなってしまい、結局本当にやりたいことに時間が割けなくなってしまい、当初のレールから大きく外れてしまう危険があります。また、アルバイト先にいる、同じように目標としていたレールから外れてしまっている人たちと集っていると、結局周りの雰囲気とニューヨーク独特の誘惑に流されてしまい、流されてしまっていることにすら気づかないかもしれません。

もともと学生ビザでのアルバイトは禁止されていますので、万が一それが移民局に見つかってしまった場合は、強制送還されてしまいます。
そうなってしまうと、自分の名前に傷がついてしまい、今後アメリカに仕事等の長期で戻ってくることはまず不可能となってしまうでしょう。

それぞれ目標とする滞在期間やニューヨークでの生活水準によって、渡米前に必要な貯金額は変わってくると思いますが、ニューヨークでの暮らしを精神的にも経済的にも余裕があるものとするためには、貯金は多いに越したことは間違いありません。

この時期恒例のホリデーマーケットが始まったグランドセントラル駅構内。

クリスマスオーナメントのお店。

こちらはニューヨークの景色を扱った写真屋さん。

Taylor Swift・5日間だけのプロモーション

私はアメリカの音楽には全然詳しくないのですが、Taylor Swiftは好きで、よく家で聴いています。

アメリカのみならず世界の音楽界を代表する歌手となったTaylor Swift。その彼女が、新しいアルバム「reputation」のプロモーションの一貫で、大手電話会社のAT&Tがスポンサーのもとで、期間限定のお店をNYにオープンしました。

お店の中は全てTaylor Swiftのグッズで埋め尽くされ、5日間という短い営業期間(11月12日から16日まで)のため、オープン初日の12日日曜日から多くの人が駆けつけています。

たまたま仕事で近くにいたので、今日は仕事を早く切り上げて見に行ってみました。
多少並ぶことは予想していたものの、かなり厳格に入場制限をしていたので、結局寒い中1時間近く待つことになってしまいましたが、Taylor Swiftの世界観が表現された貴重な空間に足を踏み入れようと、皆凍えながら順番待ちをしていました。

お店は、south street seaport内に。少し不便な場所にあったので、これでも待っている人は少なかったかもしれません。

Taylor Swiftは独特のメイク、特に真っ赤な口紅が印象的ですが、面白いことに、彼女と同じようなメイクをした熱いファンがいたり、外で待っている間に流れている彼女の歌に合わせてのりのりで口ずさみながら待っている子がいたり、と自由なアメリカらしい光景でした。
アメリカ人は、個性を重視するため、誰かの真似をした髪型やメイクをすることはないので、こうしてTaylor Swiftと同じような雰囲気を作り出している子たちは、相当のファンなのではないかと思います。

肝心のお店は、写真で見ていただいたほうが、雰囲気がより伝わると思いますので、こちらの写真をご覧ください。

お店の入り口。

ウィンドウディスプレイもインパクト大。

店内は全てTaylor Swift関連のもの。ファンにはたまらないでしょう。

インスタ映えしそうな写真スポット。こちらは、さらに中で待たないといけません。

レジにも大きなTaylor Swiftが!

インターネットで何でも買えてしまう時代だからこそ、こうしたおしゃれな実店舗で商品を実際に手にとって見られるのは、特に価値あることのような気がしました。

LINEのオフィシャルストアがオープン!

私が日本に住んでいたのは8年前までですが、その時は、携帯電話でのメッセージ交換は、携帯用のEメールアドレスを使ったものでした。
ところが、数年前、日本に一時帰国した時に、友人皆がLINEへと切り替えていて、たった数年での時代の変化に驚きました。

ニューヨークでは、携帯でのメッセージ交換は、テキストメッセージか、フェイスブックのメッセンジャーが一般的です。ただ、テキストメッセージは、送信時にわずかながらお金がかかるので、携帯電話のパッケージプランを超えるような量のテキストメッセージをやり取りする人は、what’s app(LINEと同じようなアプリ)を利用したりしています。

LINEがどれだけ日本人以外の人に知られているのかは未知数ですが、どうやら、東京証券取引所だけでなく、NY証券取引所にも上場していて、LINEは私が思っていた以上に国際的な企業のようです。

そのLINEが、つい最近、タイムズスクエアの中心、それも、観光客が昼夜を問わずに集まるかなり目立つ場所に、フラッグショップをオープンしました。これは、かなり画期的なことではないかと、個人的に驚くと同時に、日本の会社、LINEの海外進出をぜひ応援したいと思いました。

かわいい雑貨が好きだったり、ちょっとしたテキストメッセージもかわいくしたりというのは、日本人独特の文化で、こうした考えは、もともとアメリカにはありませんでした。

アメリカ人がもともと携帯に使っていた絵文字は、
🙂   にっこりマーク
😉   ウインクマーク
😦   悲しいマーク
といったとてもシンプルなものです(いずれも90度時計回りに回転して見て下さいね)。

それが、数年前から、日本の絵文字文化が浸透し始めて、今では、emojiはれっきとした英単語になっていますし、フェイスブックにも絵文字が導入されたりしました。
それは、日本人と交流した海外の人たちが、日本人が使う絵文字を気に入って真似して使い始めたことがきっかけではないかと思います。
相手の顔が見えず、感情表現を伝えにくいテキストメッセージで、こうした絵文字やLINEのスタンプを使うことで、メッセージ自体がより生きたものになるという考えは、万国共通です。

正直、LINEがどれだけの知名度がアメリカであるのかは未知数ですが、東京だけでなく、ニューヨークでも上場していますので、海外進出に積極的な会社であることは間違いありません。

そして、そのLINEのお店には、等身大のマスコットがいたるところにあり、内装もメルヘンな感じで、異空間に入り込んだ錯覚を覚えるようなしかけがされています。
また、LINEでおなじみのキャラクターたちが、雑貨になったり、Tシャツになったりと、LINEでグッズが店内に所狭しと並んでいて、飽きることがありません。

ニューヨークのお店は、もっとシャープな感じのところが多く、また、アメリカ人は雑貨は使えれば良いという発想から、キャラクターものの雑貨を作ったりという発想がないので、きっとLINEが揃えた多くの商品に驚いているのではないかと思います。

LINEは日本の会社か韓国の会社か、という話がたまにありますが、LINEは日本の会社で、ただ、会社の株式の70%以上は、韓国のNaver(Yahoo Japanのようなサイト)を運営する会社が保有しています。

お店を入ってすぐに出迎えてくれる巨大なこの子と写真を撮るのは、なんと順番待ちです。

 

日本の会社の海外進出というと食品関連が目立ちますが、こうしたLINEのような会社がフラッグショップをオープンしたことは、海外進出を目指す日系企業にとっての新しいヒントになる気がしています。

LINE official store
1515 Broadway New York, NY 10010 (between 44th street and 45th street on 7th avenue)