NYで異文化体験

あなたはどのパーツがお好き?

高橋選手が日本男子フィギュア界に初めてもたらした銅メダルクラッカー

大怪我を乗り越えての復活劇に、昨日は大きな感動をもらいましたキャッ☆
N.Y.に恋して☆-Men's figure skating
Christian Science Monitorより

今日は、前回のインターナショナルなフィギュア観戦話(こちら )の続きです。

日本3選手の中で、アメリカで一番前評判が高かったのは高橋選手目

私が、「日本男子フィギュア代表の中で、一番甘いマスクで、日本でファンが多いのも高橋選手だよ。」と言ったことから、話は発展し、選手が登場する度に、みんながいろいろコメントしていたのですが、注目ポイントは日本人の感覚とは全然違って驚きましたビックリマーク

 

日本人的感覚だと、演技以外では、顔立ちやスタイルに目が行くところですが、フランス人男性が注目していたのはお尻。欧米選手が映るたびに、「Look at this butt. It's so beautifulキスマーク」と大絶賛。

(日本語でもボトックスという単語がありますが、英語でお尻は、buttoks。これをくだけて言うと、buttとなります。)

 

どういうお尻が美しいかというと、きゅっと引き締まっているだけでなく、大きいことも重要だそうですかお

でも、私には全くその感覚は分からず、「In Japan, we don't have this kind of idea, so I have no idea which one is beautiful.」と言うと、「そのうち分かるようになるよ~。」と笑っていました。

そういえば、クラスメートのセクシーで底抜けに明るいガボン人の女の子も、ある日授業中に突然、「最近ちょっとやせてお尻が小さくなっちゃったのよー。」と嘆いていました笑

 

顔立ちは、金メダルを獲得したアメリカ人Evanや織田選手がお気に入りでした。古風な日本的顔立ち、外国人にはとても珍しく、美しく映るようですひらめき電球

 

お国が変わると価値観もがらりと変わるのは、とても面白いですにゃ

次回は、今回の男子フィギュアをアメリカサイドから見て強く思った「世界で戦うことの意味」について考えてみたいと思いますチューリップ黄


0

-NYで異文化体験

© 2021 NYに恋して☆