NYで春を楽しむ NYで異文化体験

この日は誰でもIrish

例年極寒のNYの冬気温が0度を下回ることも、そして大雪で朝から街全体が真っ白な雪景色ということもしばしばあったはずの冬ニューヨーカーが薄着の コスチュームで張り切るハロウィンの週末に予想外の雪が降り、またやってくるであろう冬仕度に気合が入ったまま、ずるずると雪のない穏やかな気候が続き、 そして記録的暖冬のNYの冬は、じわりじわりとやってきた春の訪れとともに、終わりを迎えようとしています

日本には、日本流の四季の感じ方がありますが、アメリカで春がやってきたと感じるイベントは、毎年3月17日に行われる一大イベント、セントパトリックスデー

移民の街NYでは、各国の人々が、自国の祝日をお祝いするので、年中あちこちでイベントが行われ、そして5番街では車を通行止めにしてパレードが繰り広げられます

通常のイベントは、主にその国の人たちだけが祝うのですが、その例外がこのセントパトリックスデーもともとは、アイルランド人たちの行事なのですが、お祭り好きの多いNYでは、アイルランド人以外も、みんなこの日だけはアイルランド人になりきって、街を緑に染め上げます

この日の由来は、16歳のときにイギリスからアイルランドへ誘拐された聖パトリックさんにまつわるものその後、一度は神のお告げにより、母国へ戻ったのですが、その後再びアイルランドへ渡り、アイルランドへカトリックを広めました彼が亡くなったのが461年3月17日であったことから、この日はアイルランドへのキリスト教普及の礎を築いた彼の功績をたたえる日として、アイルランドでは祝日となり、今では世界各地でイベントが行われるようになりました

アイルランド系移民が多いNYの街ですが、それに加えてこの日は「なんちゃって」アイルランド人が加わり、街は朝からお祭りモードでしたこの日のキーワードは。緑色の服に身を包み、バーを渡り歩くのが典型的な過ごし方アイリッシュの目印である三つ葉のクローバーのマークを顔にペイントしている人もよく見かけました

街のバーはこんな感じでにぎわっています。窓には三つ葉のクローバーのペイントも。左に写っているオレンジ、白、緑の三色旗がアイルランドの国旗。注意してみてみると、この国旗、この日以外にもかかっているバーは数多くあります。それだけ、アイルランド系移民がこの街に多いことを物語っています。

例年決まって3月17日に行われるこのイベント。今年はこの日が土曜日であったことから、私の会社の同僚たち(もちろんなんちゃってアイルランド人)も、1ヶ月前ぐらいからそわそわしていて、「Bar hopping(いろんなバーを渡り歩くこと)をしなくっちゃ」と張り切っていました このイベントも、先日のイースター(イースターの過去記事は、おでこに十字架、ピザが売れる金曜日、春を呼ぶバニーちゃんからどうぞ)に続いてカトリックのイベントであることにも注目です アメリカという国、キリスト教なしでは語れません

土曜日の昼間、Bar hoppingに向かうのりのりの女の子たち一番右のおしゃれさんに注目です。緑色のレースのドレスに、緑色の帽子。ブーツとの組み合わせもばっちりです。

緑色の服は1枚もないので、今年も静かに過ごしたセントパトリックスデーですが、今年の盛り上がりぶりを見て、来年はなんちゃってアイルランド人になってみようかなーと早くも考え中です


0

-NYで春を楽しむ, NYで異文化体験

© 2021 NYに恋して☆