NYに住む

なかなか来ない国民の祝日

日本はGW真っ只中ですね
こっちに来てからすっかり無縁となってしまった日本の大型連休そんな休日があったことすらすっかり忘れていました

アメリカの休日は少なくて知られていて、たぶん日本の半分ぐらいしかないのですが、不思議なことに、日本とは異なり、全ての祝日が同列に扱われていません

どの会社でもお休みになるような重要な祝日と、会社によっては出社日となってしまうようなあまり重要でない祝日に区分けされています

前者は、Memorial day(5月最終月曜日)、独立記念日(7月4日)、Labor day(9月最初の月曜日)、Thanks giving(11月の第4木曜日)、そしてクリスマス
これに当てはまらないPresidents' dayやMarthin Luther King dayといった祝日は会社によっては祝日になりません。

アメリカ流祝日の過ごし方は、過去記事からどうぞ
NY流・花火鑑賞
静かな月曜日
ロッジで過ごすThanks giving
アメリカ流Thanks givingの過ごし方
早くも突入、Big Holiday Season!!!
Thanksgivingの過ごし方

どの日が休みになるかは業種によっても傾向があるようですが、私の会社は重要祝日しか休みにしないので、私には今年に入ってからまだ国民の祝日がやってきていませんそのため、日本にいたときのように、はるか前からカレンダーで休みの日をチェックして遊びの計画を立てるということは、全くしなくなってしまいました。

でも、不思議なことに、ワークライフバランスが充実しているせいか、祝日が少なくてもあまり気になっていません。そして、アメリカの年間サイクルも知らぬ間に身体に刻まれているような気がします。

毎年、春になると季節の変化とともに色々と変化がある私のNY生活就職活動に精を出していた初めての春転職活動に力を入れていた二度目の春そして、オンでもオフでもエキサイティングなことが次々と起こり、寝る時間すら惜しいと思っている三度目の春人生で、何度良い運気やチャンスが巡ってくるかは分からないのですが、直感的に感じている私にやってきている大きな波に乗って、夢の実現に向けて走り続けていこうと思います

日本のみなさま、良いGWを


0

-NYに住む

© 2021 NYに恋して☆