NYで恋をする

アメリカ流・デートへの第一歩

前回は、「デートの定義」くつというタイトルで、普通の日本人なら誰もが戸惑うアメリカでのデートの常識について書いてみました。(前回の記事はこちらからどうぞ宝石白

今回はその続きで、ではデートする相手とはどこで出会うのかはてなマークということを考えてみたいと思います。(ここでの「デート」とは、前回の記事でいう複数人と同時進行でデートしているdating状態のデートです。)

プライバシーというものに対する価値観も日本とアメリカでは大きく異なるようで、日本で重大な個人の秘密と考えられているようなこと(離婚やリストラといったような普通だったらあまり話題にしないようなこと)も、こちらの人は初対面で包み隠すことなく語ります目

そんなことから、たまにアメリカ人の友達にdating事情も聞いたりするのですが、それによるとデートのきっかけは次の3つのケースから生まれることが多いようですひらめき電球

学校キャンパスラブ

日本のようにサークル活動に精を出し、要領よくテストを切り抜けるといった状態とは正反対のアメリカ。寸時を惜しんで勉強している人ばかりの世界で、一体どうやって出会うのかと思ってしまいますが、キャンパス内で開かれているイベントで知り合ったりするケースがあるようですクラッカー逆にクラスメートから親しくなって・・・というようなケースはほとんどないとかビックリマーク勉強のライバルだから?それとも勉強に集中しすぎていてそれどころではないから?特にIvy leagueのような名門校では、男女ともにジーンズにリュックサックといったカジュアルな感じで、大学におしゃれして行っているような人はほとんどいないです。

(アメリカの学生がいかに勉強しているかは、過去記事衝撃のアメリカの学生生活
からどうぞ)

音譜友達の紹介

一番一般的なケースで、その中でも特に多いのはパーティーワインアメリカでは誕生日パーティーや引越しを祝うhouse warming partyといった形のパーティーが数多く開かれています。みんなお互いに友達を呼び合って集っているので、そうした場で新しい友達作りが行われています宝石赤

また、日本や韓国のように合コンは存在しないアメリカ。その代わりはblind dateリボンこれは、友人を通じて異性を紹介してもらってデートするケース。友人はあくまで仲介的役割なので、最初のデートから2人きり。話が合わなかったりしたら苦労しそうですが、信頼している友人からの紹介だったらひどいことにはならなそうです。日本にはまったくない習慣なので全然イメージが湧きませんが、お隣韓国ではかなり普及しているようで、韓国人なら誰でも一度は経験したことがあるそうです。

あと驚いたケースはお葬式。一体どうやってと思ってしまいますが、私の友人カップルのケースでは、二人の共通の友人が親族として参列していたそうです。

パソコンマッチングサイト

友人の話を聞いているとかなり普及している様子DASH!日本では利用しているという話を直接聞いたことは一度もなかったけれど、NYでは普通に耳にします。特に同性愛者にとってこうしたサイトは有効なツールのようです合格たとえNYが同性愛者同士の結婚が合法化された数少ない州の仲間入りを果たしたといっても、彼らは自分がそうであることはまだまだ公にはしづらい状況です。特に会社では昇進できなくなることを恐れて隠し続ける行動をとる人も多いとか。そうすると、自然に出会いもこうした場とならざるを得ないのです。

マッチングサイトというと日本ではネガティブなイメージがありますが、こちらではそんなことがないのか、そうした事実を隠そうとする人がいないことにも驚かされます!!「どこで出会ったの~?」と聞いて「online」という答えが返ってくることは普通にあります。私のアメリカ人の友人も現在ネットで知り合った子とdating中。有料サイトも多い中で彼が利用したのは無料サイトだそうですが、「無料でも普通の子ばかりだよ。」とさらっと話していてビックリしましたかお

アメリカ人の感覚、まだまだ分からないことだらけですスペード

メモ今日から新しいコーナーを作ってみることにしました。最近あった面白いことをブログの下にメモしておきたいと思います。自分の日記代わりにもなるし、このブログを読んでくれている方たちとの情報共有にもなるし良いかなぁと思って始めてみます。

日本通のメキシカンアメリカンの友人に誘われていったお茶会お茶NYで開かれるものだし、イスに座ってちょっと抹茶立てて和菓子食べるだけの会だと思って気軽に行ったら、なんと師匠は表千家のNY支部を創設された大御所の先生キラキラマンハッタンの一等地にある彼女の高級アパートのリビングには6畳のお茶の間が。天井が高いことを除けば(アメリカの住居の天井は日本よりはるかに高いです)、ふすま、違い棚、掛け軸等もそろった完璧な庵ぼーぜんそして生徒さんの後に倣って同じようにやってみてくださいと言われてかなり焦りました。都会の喧騒を離れて和の世界に触れられた貴重なひとときでした。抹茶も京都の高級店から取り寄せたという和菓子も絶品で感激キャッ☆


0

-NYで恋をする

© 2021 NYに恋して☆