NYで秋を楽しむ

極寒のハロウィン

今年は異常気象続きのNY。
地震長音記号1、交通機関も1日半麻痺してしまったハリケーンIrene上陸台風、そして10月の初雪雪の結晶

地震も台風もほとんど経験しないNYでの対応は、日本とは大きく異なるもので文化の違いを感じた出来事でもありました。
宝石白NYでも・・・
宝石ブルー日米 大きな価値観のギャップ

ニューヨーカーが皆こぞってハロウィンパーティーに出かけるはずだった週末土曜日に朝から大雪に見舞われてしまい、翌日午後2時まで大雪注意報まで出るという前代未聞の事態DASH!そして気温は0度まで下がり、仮装はおろか外に出ることすらも躊躇するような大荒れの天気でした。そのため、今年はなんとも静かなハロウィーンとなってしまいましたしょぼん

ここNYでのハロウィンの祝い方は日本と大きく異なりますクラッカー
日本だとハロウィンのお菓子や雑貨がお店に並ぶだけですが、NY、特にマンハッタンでは子供がお菓子を求めて歩き回るよりもむしろ大人が張り切ってこぞって仮装パーティーに出かけます音譜

仮装はかなり本格的ぼーぜん誰よりも独創的な衣装をと自分で作る人もいますが、街中には期間限定の仮装グッズ専門店もあちこちに登場するため、そこで仮装グッズを用意することもできますニコちゃん

仮装グッズ有名店といえば、
ハロウィンHalloween Adventure
http://www.newyorkcostumes.com/
104 4th ave New York, NY 10003 (最寄り駅は緑ラインのAstor placeまたは黄色ラインの8th street)
なんと年中オープンのハロウィングッズ専門店。地下も含めた広い店内は、どっきりするような怖い仮装グッズであふれています。

ハロウィンRicky's
http://www.rickysnyc.com/
期間限定ショップ。街を歩いていればすぐ見つかるというぐらいの高い出店率です。こちらはHalloween Adventureほどのマニアックグッズよりも、男女別、そして子供用の仮装セットを多く販売しています。男性用は悪魔系、女性用は警官、バニーちゃん、看護婦さんといったセクシー系が多いです。そして子供用はスパイダーマン、お姫様、動物といったかわいい系統のコスチュームが主流。

そして出かけるパーティーはというと、
カクテルグラス友人宅でのこじんまりしたパーティー
ナイフとフォークレストランで仲の良い友人たちと
サンダルクラブが主催するイベントに参加

一大イベントは、毎年10月31日(まさにハロウィン当日)に開催されるWest villageのハロウィン仮装パレードキラキラ誰でも参加可能ですが、パレードの列に入れるのは仮装した人のみ。それ以外の人は、外から眺めることになります。このパレードでは、一体どうやって作ったのかと思うようなコスチュームを着た人ばかりで毎年驚いています。コスチュームは、毎年その年話題になった人になるケースが多く、おととしはマイケルジャクソン、昨年はレディガガが街中にあふれていました。また、例年意外と多い仮装は、なんとスーパーマリオマリオそれだけアメリカでファミコンが浸透していることの現れだと思いますポケベル気合いが入った人は、マリオとルイージの2人組で登場しています笑

今年は寒さのあまり家にこもっていて街中の仮装した人の写真が撮れなかったので、Rickey'sに並んでいた面白いコスチュームを紹介したいと思います。


N.Y.に恋して☆-halloween 4 N.Y.に恋して☆-halloween 3 N.Y.に恋して☆-halloween 2 N.Y.に恋して☆-halloween 1

便利な完全変装キットクラッカー

過去のハロウィン記事はこちらからどうぞ

宝石赤NYの街角から
宝石紫ハロウィン生中継


0

-NYで秋を楽しむ

© 2021 NYに恋して☆