NYでドキドキの体験 NYで異文化体験 NY発☆最新ニュース

過去最大規模?!ニューヨークのゲイパレード

(途中過激な写真がありますので、ご注意下さい。)

6月最後の日曜日は、ニューヨークでは恒例のゲイパレードの日。

ゲイやレズビアンのニューヨーカーたちは、この日のためにここぞとばかりの衣装を用意し、パレードに繰り出します。

先日の記事(こちらからどうぞ)でも触れましたが、今年は、ニューヨークで最も有名なゲイバー、Stonewall Innのニューヨーク市警による襲撃事件から50年の節目の年で、このパレードに向けての高まりは、今まで見たことがないものでした。

それは、パレード参加者だけでなく、観客も同様で、朝早くから良い観覧場所を確保しようと、街に繰り出す人も多かったようです。

私は朝から用事があり、パレード現場には行きませんでしたが、パレード近くの公園を通ると、パレードを終えた人たちがたくさん集まっていました。

今日は、そんなニューヨークらしい光景をお届けしたいと思います。

一見普通に見える写真かもしれませんが、かなり驚くべきポスターが。教会といえば、保守主義の象徴のようなところ。アダムとイブの聖書の世界を信じる教会が、同性愛者のシンボルであるレインボーのポスターを掲げ「皆受け入れます」と宣言しているのは、一昔前では考えられないことです。

パレード観覧に来た人たちは、手にレインボーフラッグ。

バレーの衣装のようなものを着た男性。

ゲイの男性の服装は2パターン。メッシュのような素材の服を着るか(左の男性)、もしくは、ほぼ服を着ないか(真ん中の男性たち)。

ユニオンスクエアは大賑わい。

その傍で、我関せずとオルガンを弾くおじいさん。

グッズを売るお店も。

最後は、一番過激な格好の男性。みんなから写真撮影の注文が殺到していました。

こうした人たちも、翌日には普通に仕事に戻っていると思うと不思議な感じですが、ここまで自己表現に熱いのはニューヨーカーならではかもしれません。

-NYでドキドキの体験, NYで異文化体験, NY発☆最新ニュース

© 2021 N.Y.に恋して☆ Powered by AFFINGER5