NYにもこのビジネスが…。

所変われば、住んでいる人々の価値観、生活スタイルも違い、それによりビジネスにも大きな差がでてきます左右矢印

そんなことを考えながらNYの街を歩いていると、NYで流行っているのに東京ではあまり盛んではないビジネス、逆に東京でしか流行らないビジネスがあることに気づきました。

たとえば、

東京よりNYでさかんなビジネスといえば、ベビーシッター弁護士事務所歯医者があります。

おとめ座ベビーシッター:こちらでは、女性は結婚、そして出産後も仕事を続けることが普通なので、ベビーシッターの方にお世話になることが多いです。

メガネ弁護士事務所:訴訟社会のアメリカ。そうでなくても、外国人は、ビザの申請、グリーンカードの申請等で弁護士の方にお願いするケースもしばしば。

宝石ブルー歯医者:多様性が重視されるアメリカですが、なぜか歯並びはとても重要。みんな小さいときに矯正をしていて、芸能人のようにきれいで整った歯をしています。

一方、東京でしか流行らないビジネスは、まつげパーママラソン関連ビジネスではないでしょうか。

目まつげパーマ:朝のメイク時間短縮になるとして、日本ではOLに人気ですが、欧米人はまつげがもともとくるんとカールしているので、需要は限られたアジア人にしかなく、お店も見かけません。

走る人マラソン関連ビジネス:みんな合理的なので、かわいいランニングウエアをわざわざ買うことはなく、また電車はどんな格好でも乗れるので、更衣室とシャワールームを備えたランニング施設は存在しません。

 

そして、私が日本では一種のブームのようになっているけれど、NYでは絶対に流行らないだろうな~、と個人的に思っていたビジネスがあるのですが、なんとそのビジネスがNYにも上陸してきましたぼーぜん

 

それは、「婚活」。

流行らないと思った理由は、NYにいる日本人の構成を考えると明らかだと思うのですが、

・駐在員:日本である程度のキャリアを積んでからNYへ渡ってくる人が多いので、既に結婚しているおひなさま

・大学生・大学院生:活動するにはまだ若いキラキラ

・その他:日本で一定期間働いた後にNYへ飛行機NYでやりたいこと、学びたいこと等々、みんな夢や目標に一生懸命で、あまりそういう発想にたどりつかない。

そして驚くことに、そのビジネスを始めたのは、NYで大手の一角を占めるとある日系人材紹介会社。

こちらには日系人材紹介会社が数社あるのですが、その規模はどこもほぼ同じぐらいで、いわば全ての会社が大手です。

不景気のため副収入を期待して、本業のビジネスのノウハウを生かせるとして始めたようです。個人的には、これまで築いてきた会社のイメージに傷がついてしまうのではないかと思います…あせる

多くの日本人が読んでいるフリーペーパーの1ページに大きく広告が掲載されたので、NY在住日本人の間では、このビジネスが、果たして場所を変えても成功するのか、ちょっとした話題になっています。