ここまですごい!レディーファースト

欧米では、アジア諸国に比べてレディーファーストの文化が成熟していると言われていますが、アメリカでのレディーファースト文化には目を見張るものがあります。

{6253B5F6-B83E-470E-8CCF-01D4B68C1AD3}

夕暮れ時が美しいブルックリンブリッジ。天気も良いので、マンハッタンからブルックリンの方向へと歩く人がたくさん。

{3CC33A1F-CBFF-45AA-B8F8-B816C0DCB56B}

途中では、自由の女神も見ることができました。

いつも驚くのが、エレベーターでのマナー。
私より先に来て、私より扉の近くでエレベーターを待っている男性も、絶対に自分が先にエレベーターに乗ろうとしません。
それは、会社のエレベーターのような利用者の多いエレベーターでも、同じです。
私より前にいる複数人の男性たちが、エレベーターの扉が開いたと同時に、ささっと横によけて先に通してくれたことは、一度や二度ではありません。
こうして譲ってくれた時には、”thank you”と言って先に通させてもらいます。
それはエレベーターを降りる時も同じ。
狭いエレベーター、扉の前にいる人から降りたら効率的だと思いますが、扉の前にいる男性は通常、ささっと端にずれて、女性たちが出終わるまで動こうとしません。
会議室やレストランでも、アメリカにいる男性は、どうぞ、と必ず先に通してくれます。
それは、知り合いかそうでないかを問わずに、常に普遍のルールです。
私の会社の私よりはるかに年上の日本人上司たちも、いつも道を譲ってくれます。
日本ではそうした文化がないものの、長いアメリカ生活の中で、こうした行動様式も自然と身に付けている日本人は、とても素敵だと思います。
そして、それは、こうした行動だけでなく、考え方も間違いなく柔軟な証拠だと思います。
あくまで文化の違いなので、アメリカ式と日本式とを一概には比べられないと思いますが、アメリカのレディーファースト文化は興味深いです。

完全攻略・レストランでのマナー その3

花火大会が始まったり、お盆の時期が近づいたり、日本は夏真っ盛りの頃でしょうか。
ニューヨークも例年より蒸し暑い日々です。

今回は、先日の二回にわたる記事の続きで、レストランで知っておきたい豆知識を書いてみたいと思います。

過去記事はこちらからどうぞ
アメリカのレストランで、日本と大きく異なるのは、お会計だと思います。
よく分からずストレスになりがちなチップについては、上記の記事をご覧下さい。
そして、知っておくと便利なのが、クレジットカードは何枚出しても大丈夫、ということです!
複数人で食事に行って、みんなで割り勘にしたい時には、レシートが届いたら、人数分のクレジットカードを下の写真のクレジットカードホルダーに置いておくと、何も言わなくても、人数分で割って、人数分のレシートが届きます。
{1C9B82A9-CB1A-4342-8950-CAE06741CB0A}

アメリカのレストランはテーブル会計。お会計を頼むと、こうしたケースに入って出てきます。

チップ抜きの税込金額を頭数で割ってくれるので、後は各自でチップ額をレシートに記入するのみです。
また、割り勘ではなく、誰かが多めに出し、残りを割り勘したり、各カードへ請求額を指定する、といったことも可能です。
各パターンに応じた英文例も書いてみましたので、ぜひ使ってみて下さい。
宝石赤割り勘にしたいとき
ウエイター “Do you want me to split?” (「割り勘ですか。」) 複数枚のカードを出すと、このように聞かれます。splitとは分ける、という意味です。
お客さん “Yes, please.” (「はい、お願いします。」)
お店の人に聞かれる前に、割り勘にして下さいと言うこともできます。
お客さん “Can you split the bill?” (「割り勘にしてもらえますか」)
ウエイター “Ok.”
宝石白各カードへの請求額を変える場合
例えば3人で食事をして、ある人のカードに80ドル、残りの40ドルを20ドルずつ二人で支払う場合
お客さん ” Can you put 80 dollars on this one (特定のカードを指差す), and split the rest?”
日本では煙たがられがちな複数カードでの支払いは、アメリカではいたって普通のことです。
現金のやり取りが不要でとても便利な方法ですので、ぜひ試してみて下さい。
{EA0A144E-FF99-4B12-8BE7-457148051828}
散歩中に発見したアッパーイーストのおしゃれイタリアン、Altesiのホットケーキ。マスカルポーネとオレンジリキュールの絶妙な組み合わせが素晴らしかったです。

ニューヨーカーは女性を喜ばせるのが得意?!

日本と同じく猛暑のNYです。
NYで暮らしていて面白いと思うことの一つが、ちょっとした他人との交流。
例えば、住んでいるマンションのエレベーターの中や、よく行く近所のカフェのオーナー、道端、電車で隣にいた人、と少しの言葉を交わすことは、ごく普通にあります。

{DF8BA562-25DD-4F12-AB97-0DFD93CCDC02}

ニューヨークというと、どんなイメージが浮かびますか?私の中でのニューヨークの一つの姿は、地元民に愛されるこんな老舗っぽいお店。ウェストビレッジで偶然発見した、”You’ve got mail”に登場しそうな本屋さん。

エレベーターの中であれば、かわいいペットを連れている飼い主さんに、ペットの名前や年を聞いたり、よく行く近所のカフェではオーナーと最近どう?なんて話したり、道端では信号待ちをしている時に突然道を聞かれたり、電車の中では、この電車xx駅停まる?といった質問に答えたり、逆に私から聞いたり。
会社のエレベーターの中で突然隣に立っていた女性に、その服いいわね、と言われたりすることも。(この女性はレズビアンであるというわけではなく、ただ服が気に入ってそれを口にしたいから言っているだけで、そういう時には、にっこり微笑んで”thank you”と言います。)
ニューヨークでは、知らない人とこうした会話を交わすのは、本当に普通のことなのです。

日本ではあまりないことだし、そうした土壌がないからこそ、逆に他人に話しかけたりしたら、変な人といった目で見られてしまうかもしれません。
でも、ニューヨークでは、みんながごくごく自然にやっているので、おかしく感じる必要はありません。

その延長で、顔見知りの人と会ったらちょっと小話をする仲に発展することも。
私の家の近所でかわいいカフェを共同経営するアルジェリア人は、私が唯一、小話レベルの会話をするご近所さん。
アルジェリアで生まれ、その後はフランスで育ったという人の良いおじさんは、同じマンションに住んでいた日本人の友人も数人いて、あまりに礼儀正しい日本人に驚いて、たまにお辞儀のマネをしてきたりする愉快な人なのですが、フランスで育っているせいか女性を喜ばせるのが好きなようで、ここ1、2年ほど、道端で偶然会った時、もしくは別れ際に必ず、”Hi beautiful”とか”Good bye beautiful”と言うのです。
リップサービスなのは分かっているのですが、でも、いつも言ってくれるので、逆に言われなくなったら心配してしまうかもしれません(笑)

今朝、1ヶ月半ぶりぐらいにたまたまマンションの前でそのおじさんに会ったら、「久しぶりだねー、どこに行ってたの?メイクも変えて素敵になって」と声をかけてくれました。
私がここ最近メイクの研究にちょっとはまっていて、メイク道具やメイク方法をちょっとだけ変えてみたのを果たしてどうやって気づいたのかかなり謎ですが、こうして始まるニューヨークの朝は、なんだかうきうきします。

{C259F667-E364-440B-B650-63392DA67BBB}

今メディアを賑わすトランプさんの娘は実業家。彼女がデザインした洋服や靴は、大手百貨店にも卸されています。

世界基準のカリスマ女性美容師さんと対面!

ニューヨークで長期にわたって生活し、キャリアを築いていくのには、情熱、エネルギー、英語力等々色々必要です。

日本からの駐在員であれば、金銭面も含めて会社からの様々なサポートがあり、最終的には帰る会社があるので、気持ちに余裕があると思いますが、何の後ろ盾もない状態では、そうもいきません。
アメリカの地で、自分の腕ひとつで、有名美容室のトップ美容師さんの地位まで上りつめた日本人女性Cocoさんのことを知ったのは、偶然彼女のブログにたどり着いたから(彼女のブログはこちら)。
何もないLAでの生活から、いかにしてNYでキャリアの階段を上がっていったかが、自然に、でも力強く書かれた彼女のブログに、私は一気に引き込まれていったのです。
{7ABACCAC-0B2F-40DF-B813-40ED157B4416}

ニューヨークで私の好きな場所の一つ、ブライアントパークは、ニューヨーカーの憩いの場。

Cocoさんのブログを読むと、彼女のファンがいかに多いか(飛行機で全米からだけでなく、ヨーロッパから来るお得意様もいるようです!US Open時には、錦織くんやジョコビッチ選手のカットを担当☆)、そして、彼女がいかに高いプロ意識で天職とも言える美容師さんとして活躍しているかが分かります。
Cocoさんに会ってみたい、カットしてもらいたいと思い続けて早数年。
先日、思いがけない形で、私の想いが叶いました。
Cocoさんは、思っていた通り、すてきな女性で、しかも憧れのCocoさんに髪の毛を切ってもらうというまたとない体験ができて、今でも夢のようです。
今は本拠地を日本に移し、ニューヨークでの経験を生かして羽ばたかれているCocoさん。
ニューヨークをキーワードに、Cocoさんとお話でき、世界の一流の技を体験できたすばらしい週末でした。