お知らせ

2020年のニュース・ベスト5

今年もあと2日になりました。
街はホリデーシーズンのイルミネーションで華やいでいますが、今年はコロナで友人たちとのホリデーパーティーの開催もなく、また、NYは私の渡米時の12年前や数年前の極寒の時と比べるとはるかに過ごしやすい気候で、12月と思えない日を送っているうちに、今年もあっという間に幕を閉じようとしています。

コロナに始まりコロナに終わったと言っても過言ではないこの1年。
早く心機一転新しい年を迎えて脱コロナへ向かって進みたい、という気持ちの人が多いのではないかと思います。
コロナにより今まで当たり前だった外出やレストランでの飲食、気軽に外を歩くことがしづらくなったり、時には禁止されたり、と考えられないような日々でした。

そのような前代未聞の年でしたが、振り返ってみると、自宅引きこもり生活が長かったわりに、色々なことがあった1年でした。
今年は私にとって印象深かった出来事をランキング形式で、振り返ってみたいと思います。

第5位:ユーチューブにはまる!
忘れもしない今年の2月。仕事で日本から来た多くの大学生たちと接する機会があり、暇な時に何をしているのか聞いたらユーチューブを見ていると言われてびっくり。
ユーチューブは家での仕事中に音楽を流すため以外でほとんど使っていなかった私には、ユーチューブで何かを見るという発想がありませんでした。
でも、NYがパンデミックで自宅隔離生活になってから、少しずつ見始めてみたら、すっかりはまってしまい、今やユーチューブを見ない日はないという生活に様変わりしました。

ちなみに最近毎日見ているのは、ローランドとHanamoriさんの番組です。(全然違う2つの番組・笑)

第4位:キャッツキル旅行
キャッツキルは、マンハッタンから車で2時間半ぐらい北上したところにある避暑地です。かなり広いエリアで、森の中に別荘がぽつんぽつんと点在しています。
大自然を求めて、マンハッタンに住む富裕層がこぞって別荘を持っている場所でもあります。

こんな素敵なお家に泊まりました。なんと中のインテリアは友人が全部仕上げたそうです!

私がキャッツキルに行きたいと思ったのは、数年前。なんとアルパカ牧場があることを知ったのです。アルパカはペルーなど南米の高山地帯にしかいないのかと思ったので驚き、アルパカ好きとしてぜひ行ってみたいと思いました。

アメリカ人の別荘を持つ友人(70代のおじいちゃん)は、パンデミックの間ずっとキャッツキルの別荘に避難していたそうです。コロナが落ち着いた頃に呼んでくれて、念願のアルパカ牧場を始め、友人の庭にあるジャグジーにつかりながら満点の星空を眺めたり、地元のおしゃれなバーのバックヤードでワインを飲んだり、夢のような2泊3日を過ごしました。
コロナの中でも数年来の夢が叶ったことに感激。

コロナにより数人のツアー制に。こんなに可愛いアルパカを間近で見られて、餌(りんごのスライス)もあげられます。キャッツキルのアルパカ牧場は2つだけのようですが、私が行ったのは、Buck Brook Alpacasというところ。アットホームな牧場でした。

第3位:仕事を変えました
コロナの間に色々と変化が起こった人も多いと思いますが、私もその一人。

今思えば、私が今のような状態になるのは、もう数年前からそのようなシナリオになっていたのではないかと思います。仕事に関しては、今まで楽しかったことや当たり前にやっていたことに疑問を感じ始めたり、信用していた人をそう思えなくなったりなど、過去全ての転職の時に、私のところには天からのメッセージのようなものがいつも強烈におりてきます。そんなことから、コロナ中に前の職場を去ることにしました。

そして、2位へと移ろうと思ったのですが、実は1位も2位も順位をつけがたいので、両方1位としてお知らせしたいと思います。

第1位:我が家に可愛い猫ちゃんがやって来ました
普通であれば、迎え入れた、と書くべきかもしれませんが、偶然のような必然のようなことが重なり、猫ちゃんの方から我が家にやって来たような形となりました。

我が家にやって来た初日。新しい家にびっくりしたのか、玄関から1-2時間動きませんでした。

超が付くほどの人見知りで、私が隣人と玄関で立ち話しているだけでどこかに急いで隠れてしまいますが、私には日に日に懐いてくれて、もはやペットの域を超えています。

早朝に目が覚めているようですが、私が起きるまで静かに待っていて、目覚ましが鳴った瞬間に、「みゃー」(朝この時しか出さない特別な声があります)とベッドまで飛んできて、私と遊びます。

朝、遊んでの顔。ついつい携帯が気になってしまいますが、この子と遊ぶのが最優先。

トイレ、キッチン、私が行くところには基本的についてきてくれます。お留守番はさみしいようで、毎回外出時にはドアまで見送りに来てくれて、目がうるうるしています。

私の大切な相棒くんで、コロナの時期を心穏やかに過ごせたのは、この子のおかげです。

もう一つの第1位:キンドル本を出版しました!
執筆が何より好きな私にとっての長年の夢は出版。私のNY生活はまだまだ続きますが、いったん11年間の集大成として、私がNY生活で学んだことをまとめたキンドル本を出版しました。

私自身が渡米前に現地の情報が全然なくて困った経験から、語学学校の選び方、アメリカの会社への就職の仕方、アメリカ人に評価される仕事の仕方、アメリカ人と働く時に気を付けたいことなど、私の実体験をもとに、私自身が試行錯誤しながら気づいたことなどをまとめました。

具体的には、こんな方におすすめです!
・アメリカで働くことに興味がある方
・日本と大きく違うアメリカの会社の内部事情を知りたい方
・外資系企業で働いていて、欧米人とスムーズに仕事をしたい方
・人生、変化を求めているけれど、なかなか新しい一歩を踏み出せない方

11年ちょっと、ペンネームで続けてきたこのブログですが、本は本名で出版しています。
そんなこともあり、このブログで本のことを書くのを控えていたのですが、この本はこのブログが大きな基盤となって完成しました。ひとえに、このブログを長年読んで応援してきてくださった読者のみなさまのおかげです。そんな読者のみなさんにご報告をしないのはなんだか矛盾しているような気がしてずっと考えていましたが、ここで思い切って今年のニュースとして報告させてください。

アマゾンのキンドル読み放題プランにも対応していますので、このプランに入っている方は無料でお読みいただけます。

日本の方

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B08MYPZPKR?ref=aw_sitb_digital-text&fbclid=IwAR0C8tz17lT-U_CFeCmQ8_rJ45kTnli6G2XqxUqrS0kfsrK7wJrXTysCNs4

アメリカの方

https://www.amazon.com/dp/B08MYPZPKR/ref=sr_1_1?dchild=1&keywords=rena+suno&qid=1604895059&s=amazon-devices&sr=1-1&fbclid=IwAR3ddbEm7xDmQfnUhHNB4KgPRBKktwtCPFZ7aOVhwuTwrxXaPOfy99rTS_U

日本、アメリカ以外の方は、お住まいの国のAmazonで検索いただけたら嬉しいです。

冬休みのおともによろしければ、リンクをご覧ください!

本の最後に、本名で始めた新しいインスタのアカウントを載せていますので、合わせてご覧いただけたら嬉しいです。

 

私の渡米と同時に始まったこのブログ。
毎年、年末に1年のまとめを書いてきましたが、それももう12回目。
世の中がコロナで混乱している中でも、健康で心穏やかに今年を終えられることにただただ感謝。

皆さま、健やかで穏やかな年末年始をお過ごしください。

今年最後の満月が美しい日に、ブルックリンの自宅にて
white cat

 


0

-お知らせ

© 2021 NYに恋して☆