お知らせ

NYらしい年越しと元旦で迎えた2024年

日本では新年早々に大変な状況を強いられている人が多く、気がかりですが、地震からの一刻も早い復興を願うばかりです。

NYへ来てからより高まる日本文化や伝統への興味も相まって、私はNYでも毎年おせち料理を食べたりと、ささやかなかがらも日本らしいお正月を過ごしてきましたが、喪中のため、年賀状もおせち料理もなしで、新年を迎えました。

アメリカでは、12月のクリスマスやハヌカが一大行事であるため、クリスマス休暇の12月25日と元旦の1月1日以外は通常営業という会社も多いです。12月中はホリデー気分の延長で、12月最後の週は出社しても仕事のペースはゆっくりだったり、休暇を取ったりする人もいますが、年明けは普通に1月2日から通常営業という人も少なくありません。

1月1日は家族で過ごすという概念や元旦に特別なごはんを食べるという習慣がないアメリカでは、友人たちと年越しパーティーでにぎやかに新年を迎える人たちも多いです。
今年は、超がつくほどおしゃれなライフスタイルの素敵な友人夫婦が、マンハッタンの夜景を一望できる自宅での年越しパーティーに招待してくれて、ドイツ流の年越しを楽しみました。

友人夫婦は、ドイツ出身のミュージシャンとアメリカ出身のエンジニアのカップル。NYを拠点としてドイツとを行ったり来たりする二重生活を長年楽しんでいる彼らの伝統は、年越しはNYでもドイツスタイルだそうで、そんなドイツ独特の年越しをみんなでしましょう、と自宅へ招いてくれたのです。

生き方や考え方、ライフスタイルが異なる人たちがモザイクのように混ざり合って暮らしているニューヨークでは、世界各国の文化に触れることができるのが、その魅力の一つ。
ドイツ流の年越しは、Feuerzangenbowle!

feuerzangenbowleとは、この写真の飲み物のこと。ラムに漬けた三角錐の砂糖に火を点け、溶けた砂糖がフルーツ入りの赤ワインに落ちたドリンクを、皆で新年となるタイミングで楽しむのがドイツの伝統だそうです!

ドイツではどこでも手に入る三角錐のお砂糖ですが、ニューヨークでは入手困難な上にドイツの何倍もの値段がするそうです。

それでも、こだわりのおしゃれ夫婦が、こんなに素敵にセッティングをしてくれました。

インテリア雑誌に載っているようなおしゃれな住まいの彼らは、いつも人生を最大限楽しんでいる仲良し夫婦。眺めの良いテラスを持つ友人宅に招かれたことがきっかけで、マンハッタンの夜景が一望できる住まいをと、なんと、今の自宅はGoogle Earthも駆使して見つけ出したそうです。
ライトが部屋の雰囲気を大きく左右すると、天井のライトは使わずに間接照明の上、家具一つ一つもこだわりぬいたものが並ぶリビングルームは、うっとりするような美しさでした。

私の携帯の機種が古く、実物とは大きく異なりますが、イーストリバーの向こうに見えるマンハッタンの夜景は圧巻でした

こんなにおしゃれな夫婦と知り合えたのは、友人のおかげ。
彼女と彼らは、ブロンプトンという高級折り畳み自転車愛好会での親友なのです。

一台数十万円はくだらないというブロンプトンの自転車は、そのデザインと機能性から世界中にファンが多いそうです。私の友人夫婦は、旦那さんの地元、ドイツのケルンからブロンプトンでライン川沿いをサイクリングして、立ち寄った町のB&Bに泊まったりしながら、予定を定めない自由なスタイルの旅行も楽しんでいるようです。
彼らの生き方のスケールにはいつも良い刺激をもらっていて、そんなおしゃれ夫婦、そして彼らの友人たちと新年を迎えることができたのは、今年が良い年になる良い兆候のような気がしています。

そして迎えた元旦は、人生初の元旦テニス。
いつものテニス仲間たちと急遽テニスをしましょう、という話になり、オーストリア人、イギリス人の友人たちと新春テニスを楽しみました。
日本人以外の人たちは、意外と普通に元日も過ごしているのは、なんとも文化の違いで面白いなぁと思います。

今年は年が明けてまだ1週間とは思えないほど、既に色々なことが起こっていて、久しぶりにアクティブな一年となりそうな気がしています。
1年後の今頃はどんなことを考えているのでしょうか。良い意味で変化の年にできたらと思っています。

今年もブログを通じて皆さまと交流できたらと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!


+7

-お知らせ

© 2024 NYに恋して☆