NYに住む アメリカ生活・SOS

NY辣腕弁護士が伝授する「交渉術」

前回、前々回と、アメリカでの交渉術について書いてきました。

宝石赤アメリカ生活で身につけると役立つ能力

宝石白こんなところで役立つ!アメリカの交渉術

日本では、言われたことをそのまま受け止める、ということが普通ですが、こちらでは、お互いに話し合い、双方が満足する妥協点を見つけ出す、という場面が、日常生活においても、日本より多いです。
また、ダメもとで言ってみたことがあっさり通ったり、ということは、けっこう普通に起こっています。

ニューヨーク生活をより快適に送るには、ちょっとした「交渉術」は必要不可欠ですひらめき電球

そんな「交渉術」について、専門家の立場から書かれた面白い本があるので、今回はその本をご紹介したいと思います。

本「交渉で負けない 絶対セオリーパワーフレーズ70」 大橋弘昌著 ダイヤモンド社

{B9268E51-F84C-45FE-809F-F47EB8CDD42E:01}

この本は、アメリカの大手法律事務所で実務経験を積んだ後独立し、ニューヨーク、ダラス、東京で法律事務所を営むニューヨーク州弁護士の大橋さんが書かれた本です。
日本企業の在米現地法人を中心に100社以上のクライアントを抱える交渉の専門家である弁護士の立場から、一般人向けに交渉術を紹介しています。

大橋さん自身が仕事で日々実践している交渉術がまとめられていますが、こうした交渉術は、弁護士という特別な仕事の場だけでなく、ビジネス全般、ひいては日常生活にも応用できることが多いです。
中には、無意識に行っているようなことも含まれていますが、交渉のセオリーを意識しながら、それでいてさりげなくこうしたことを実践できると、大きな違いとなって現れてくるように思いますアップ


0

-NYに住む, アメリカ生活・SOS

© 2021 NYに恋して☆