NYから世界を考える

アメリカ人がオリンピックより盛り上がるスポーツ

冬季オリンピックが開幕しました。アメリカ人は不思議とアメリカの外に目が行きにくい国民性で、過去にこちらのブログでも何度か書いてきましたが、オリンピックやワールドカップといった国際大会への関心も他国に比べて低く、海外旅行も近隣のカナダやメキシコどまり、という人は少なくありません。その最たる象徴が、America is No.1を豪語している現大統領とも言えるかもしれません。

そんな感じなので、今回、オリンピックが始まる1週間前ぐらいにテレビのニュースでオリンピックまでもうすぐです、と言っているのを耳にするまで、私は、この冬がオリンピックの年に当たることすら知りませんでした。

アメリカ人が一番好きなスポーツは、アメフト。野球やバスケ、アイスホッケーよりも絶大な人気を誇っています。

そのアメフトの祭典が、アメフトの年間王者を決めるスーパーボール。毎年2月の上旬に開催され、全米中の人がテレビ観戦するので、スーパーボールのテレビCM放映権は毎年天井を突き抜けたような金額まで跳ね上がり、それでも大手企業がこぞってスポンサーに名乗りを上げ、スーパーボールの時間帯に流すためだけのテレビCMを制作しています。

そして、ハーフタイムの目玉が有名歌手によるショー。今年はジャスティン・ティンバーレイクが登場しました。このショーの注目度も高く、毎年誰が選ばれるのか、そして当日のパフォーマンスがどうだったかをメディアはこぞって報道します。

テレビ観戦のお供は、アメリカのバーで定番のチキンウィング。この日は、全米で一番チキンウィングが売れる日だそうです。

国内プロリーグのアメフトよりも国際的で種目も多いオリンピックの方がずっと面白いのではないかと思いますが、アメフトの注目度は群を抜いていて驚かされます。

でも、私は激しく体当たりがあるようなスポーツが好きではないので、アメフトのルールも未だに分からず、ただ、話題にはついていけるようにと、ハーフタイムのショーだけは見るようにしています。

今年の冬のオリンピック、どんなドラマが生まれるのでしょうか。アメリカでは当然アメリカ人選手偏重の報道ですが、日本人選手の活躍をにも注目したいです。


0

-NYから世界を考える

© 2021 NYに恋して☆