NY発☆最新ニュース

オリンパス問題でFBIが注目する2人の日本人

13時間の時差のため、NYが寝静まった頃、日本の午後から夕方の時間帯に流れる日本のニュースは見逃しがちなのですが、それでもここ最近のオリンパス問題は気になってウォッチしています目

巨額の資金が不正に使用されていたという企業統治の根幹をゆるがすような事態に、なぜ取締役会や監査役会がうまく機能して防げなかったのか、常軌を逸する報酬額が支払われていたのになぜ監査で「不正の兆候」を察知できなかったのか等々、不可解な点は多々あるのですが、NYタイムズ紙は連日この問題に深く切り込み、日本のメディアからは知ることができない新たに浮かび上がってきた事実は驚くべきことばかりです。

宝石ブルーオリンパス問題をFBIやSECが捜査を開始したことを報じている記事(10月28日付)
US Inquiry Grows Over Olympus Payout
宝石白捜査線上に二人の日本人金融マンが浮かび上がってきたことを報じている記事(10月24日付)
2 Japanese Bankers Heart of Olympus Fee Inquiry

NYタイムズ紙によると、オリンパスが収益性の低い3社の買収の前の2008年に行ったイギリスの医療機器製造会社Gyrus社の買収に絡んで、オリンパスが支払った6億8700万ドルものコンサル費用は、日本人が経営するNYとコネチカットに拠点をかまえる助言会社Axes Americaへ支払われていたようです。

Axes Americaは、ウォール街金融マンの日本人サガワ•ハジメ氏が社長を務め、かつてウォール街で同僚だったナカガワ•アキオ氏も経営に携わっていたようです。

そして記事に書かれていることをまとめてみると、
2008年2月1日 オリンパスによるGyrus社買収完了。これにより、Axes Americaは6億8700万ドルの報酬を受け取る。
2008年3月5日 オリンパスからGyrus社コンサル報酬を受け取ったAxes America社閉鎖。これにより、コンサル報酬の大部分とAxes Americaが受け取ったGyrus社株はケイマン諸島登記のAxam Investmentsに譲渡。
2010年初め Axam Investmentsが保有するGyrus社株をオリンパスへ6億2000万ドルで売却
2010年6月 Axam Investmentsは、登録料未納によりケイマン諸島での登記抹消。

なお、FBIはこうした一連の出来事の背景に、マネーロンダリングやオリンパス経営者へのキックバックがあったのではないかという視点から捜査を行っていて、日本人二人は不法行為で訴追されているわけではないとも記事は明記しています。

会社にとって最も重要な企業統治がここまで崩されてしまい、そして下がり続ける株価により投資家が被害を被ってしまうのは、ただただ衝撃ですDASH!また、世界的にもその製品で名が知られていた日本企業が、こうしたことでFBIの捜査対象になってしまっているというのは残念でなりませんしょぼん

NYタイムズの記事は主に、独自調査と、14日に解任された前CEOマイケル•ウッドフォード氏が解任前にPrice Waterhouse Coopersに依頼して行った調査報告書に基づいて書かれていますが、その緻密さに驚くと同時に、日本の報道からは知ることができない切り口で新鮮ですぼーぜん

ハロウィン今年のハロウィンは今度の月曜日。そのため、今週末がハロウィン直前の週末で、各地でパーティーが開催されます。今夜、早速道で仮装している人を発見。明日は雪の予報ですが、明日ははりきって薄着の仮装で出かける人が多そうです。

-NY発☆最新ニュース

© 2021 N.Y.に恋して☆ Powered by AFFINGER5