NYで冬を楽しむ NY発☆最新ニュース

コロナを吹き飛ばす華やかさに包まれたホリデーシーズンのNY

コロナに始まりコロナに終わるとも言える2020年。
そんな2020年はもうすぐ幕を閉じます。
心機一転、早く新しい年にならないかなと思っている人も多いかもしれません。

12月はNYが一年で一番華やぐ季節です。
街中がイルミネーションで溢れ、小売店はホリデープレゼント商戦で大賑わい。
そしてレストランはドレスアップした観光客や地元の人たちで溢れている。
これが去年までの光景でした。

今年は、大人数での集まりを控えて、例年、ホテルやイベント会場を借り切って行われる会社のホリデーパーティーは軒並み中止。オンラインで開催した会社、中止の代わりに社員にホリデーギフトを送る会社など対応は分かれました。
また、友人たちと開いていたホリデーバーティーや忘年会もゼロ。
驚くほど静かな12月を過ごしています。

そのような状況でも、常に前を向いて進むニューヨーカーらしいと思ったのは、今年のホリデーイルミネーション。かつて見たことないぐらいの華やかさなのです。
観光客や出張者もいず、富裕層は別荘などマンハッタンの外で暮らす状況が続く中、マンハッタンに残っているのは富裕層以外のニューヨーカーだけ。
そんなニューヨーカーを盛り上げようと、特に気合を入れてくれたのが、5番街の一等地に構える超高級デパートのSaks 5th Avenue。

デパートの壁全面を使っています。

オンラインショッピングの台頭でデパートが苦戦する中、NYの象徴とも言えるHenry BendelやLord and Taylorが倒産してしまい、デパート業界にとっては厳しい状況が続いていることは間違いありません。
そのような中、Saks 5th Avenueは、例年同様にデパートの壁面全体を使ったイルミネーションを行ってくれていますが、その規模と質の高さが話題を呼んでいます。

イルミネーションは音とライトアップで、ディズニーランドのパレードを思い出すようなわくわく感が楽しめます。
毎日16時半から15分間隔で1月4日まで。
その様子をぜひ動画と写真でお楽しみください。

 

https://whitecatinny.com/wp-content/uploads/2020/12/img_6605.mov

さらに、Saks 5th Avenueのショーウインドウも見逃せません。
昨年まではあまりの人気である程度待たないと目の前で見られなかったので、いつも遠くから眺めていましたが、今年は待ち時間ゼロ。

ディスプレイの内容は毎年異なりますが、今年はニューヨークの楽しい街並みを表現したディスプレイとなっているのは、ニューヨーカーたちを元気づけようというはからいだと思います。

 

https://whitecatinny.com/wp-content/uploads/2020/12/img_6619.mov

ニューヨークの街でよく見かける屋台を再現したウインドウディスプレイ。

マンハッタンの東を流れるイーストリバー上に浮かぶルーズベルト島。かつては肺結核者の収容病院があり隔離された場所ですが、今やコンドミニアムが立ち並び、アイビーリーグの一つ、コーネル大学のキャンパスも。地下鉄でも行けますが、私はこのトラムで行くのが気に入っています。

さらに5番街の今年のホリデーシーズの目玉は、5番街に設けられたキラキラのキャラクターたち。ニューヨークを象徴するような銅像が写真スポットとなっています。

ニューヨークといえば、イエローキャブ。

後ろの人と比べてみてください。けっこうな大きさです。

Saks 5th Avenueの向かいは、ロックフェラーセンター。

今年はこのツリーの中から野生のフクロウが発見されて話題になりました。

ニューヨークの一番新しい観光名所、ハドソンヤードのイルミネーションも見逃せません。
巨額の富を投じてマンハッタンの西側、ハドソン川沿岸の再開発プロジェクトとして完成したハドソンヤードは、ショッピングモール、展望台、オフィスビル、高級マンション、高級ジムEquinoxによるホテルなど話題に事欠きません。

そんなハドソンヤードのショッピングモールはパンデミック中長い間閉鎖中でした。
唯一入居していたデパート、ニーマンマーカスはコロナで撤退してしまい、他にも高級レストランの閉店など寂しい話題もある中で、このホリデーシーズンの飾り付けは、どうやって設営したのかと思うような金ぴかの世界。何十万という小さな電球がビルの中を埋め尽くしています。

ドバイを連想させるようなイルミネーション。

巨大な気球も!

有名な展望台、Vessel。

コロナで経営も厳しい中、こうした見事なイルミネーションのコストは削減するどころかむしろ増やして、ニューヨーカーたちを楽しませようとしてくれる主催者たちの意気込みや不屈の精神はすごいと感じた今年のホリデーシーズンです。

皆さま、残り少ない今年を健やかにお過ごしください。


0

-NYで冬を楽しむ, NY発☆最新ニュース

© 2021 NYに恋して☆