NYから世界を考える

日本人もビックリの韓国お受験事情

どの国にもその国なりのお受験事情があり、こちらで出会った様々な国から来た友達は、そうしたお受験をくぐり抜けてやってきた人たちですが、そんな各国事情を聞いていて一番驚くのは、韓国人の猛勉強叫び
韓国人がNYに多いのは、韓国の激しい受験戦争爆弾と大いに関係があるのですが、韓国の高校生、大学生の暮らしぶりには目を見張るものがあります目
韓国は日本と同じく、良い企業への就職には良い大学への入学が必須、そしてそのために、高校時代の受験戦争は過熱の一途をたどっていますDASH!
N.Y.に恋して☆-manhattan view
ウォール街のNasdaq OMXオフィスからマンハッタンをのぞむ。

この都市へ英語を磨きにやってくる韓国人の数は、日本人をはるかに上回っています。日本の国際競争力の危機は、こんなことからも痛感しますダウン
いろんな韓国人にリサーチした結果判明した、韓国人高校生の一日はこんな感じかお

晴れ朝~夕方 日本の高校と同じく学校で授業を受ける学校

夜の街放課後~夜10時 学校の教室に残り、自習メガネ

放課後は塾へ直行する日本の高校生との大きな違いの1つです。「自習」とは言っても、教室に監督の先生が残って見張っているので、強制的に全員残されることになります。

必然的に夕食も学校でとることになるため、みな昼食と夕食と2つのお弁当を持参。2つも持っていくのは大変なので、学食で夕食を済ませるひとも。学校内には、長時間の勉強のお供になるようなジャージ等を売っている生協のようなお店も充実。

星空夜10時~深夜1時 学校での自習後、塾で勉強本

塾は日本と同じような位置づけ。学校の先生以上に受験のノウハウに長けているため、みな学校での自習後は塾へ直行。基本毎日通うそうです。

新月深夜1時~3時 帰宅&さらに家で勉強時計
聞いているだけで気が遠くなりそうな生活ですが、これが標準的韓国人の1日のようですビックリマーク

ビックリして、何人かの韓国人に聞いてみたのですが、みんな同じ話をしていました。
あまりにも非人間的な生活ですが、みんながそうしているから、良い大学に入るためには、この生活をしなければならないそうです。毎日が必死で、こうした生活に疑問を持つヒマすらないようですショック!
次回は、こうして猛勉強を切り抜けた韓国人の大学生活と、韓国人の誰もが認める韓国のNo1企業の実態に迫りますあし


0

-NYから世界を考える

© 2021 NYに恋して☆