NYで夏を楽しむ

芝生で観戦・US OPEN

バスケバスケアメフトスポーツ、野球野球が三大スポーツのアメリカですが、この時期多くのニューヨーカーを惹きつけているのは、テニス観戦テニス毎年この夏の終わりになると、マンハッタンの東を流れるハドソン川を渡り、電車で30分ほど揺られたところにあるUS OPENの会場は、平日休日を問わず熱いテニスファンで膨れ上がっていますアップ

全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドンと並び4大大会のひとつであるUS OPEN。観客動員数や賞金総額は、テニス競技大会で最大規模だそうですお金

高価なチケットでも、あっという間に埋まってしまう会場。それでも、豆粒ほどでしか選手の姿が見えなくても、テレビでは味わうことのできない会場独特の緊張感とコートで繰り広げられるドラマを楽しみに、足しげく通うファンが多いのですニコちゃん

そんなUS OPENをマンハッタンの中心部で見られるというイベントが、マディソンスクエアパークで開かれています。マディソンスクエアパークは、以前紹介した私がNY1おいしいと思っている大人気ハンバーガー屋さんShake Shackがあることで有名ですが(Shake Shackの過去記事は、
こちら からどうぞ)、四季を問わずあらゆるイベントが行われているNYらしさが感じられる市民の憩いの場でもありますしっぽフリフリ

N.Y.に恋して☆-US OPEN1
日曜日午後の男子シングルス準決勝 Djokovic vs Federer。世界ランク1位対3位の注目の試合目画面に映っているのは、世界ランク1位のDjokovic。

NYの公園といえばセントラルパークですが、それ以外にも市内に点在する公園は、都会のオアシスとなっているだけでなく、多くのイベント会場ともなっていて、年中ニューヨーカーを楽しませてくれています音譜

ここマディソンスクエアパークでは、毎年US OPENの終盤から、大型スクリーンで生中継を行っています。会場に行かなくても、青空の下で芝生に座りながら試合が見られるとは、なんとすばらしい企画なのでしょうキャッ☆

N.Y.に恋して☆-US OPEN3
画面正面には人工芝のエリアがあり、早く席取りした人たちは、寝転がって見るスペースを確保していました帽子自宅のようにくつろいでいる人が多かったです。

N.Y.に恋して☆-US OPEN2
こちらはFederer。周りを見渡したところ、イケメン、フェデラーのサポーターのほうが多そうでしたラブラブ

試合は、2セットを連取されたDjokovicがその後3セットを連続奪取しての勝利。最終セットでは、勝利まであと1球というところまでいったFedererをかわしての粘り勝ちでした。Djokovicの精神力に、ただただ感服ですキラキラ

観光でNYに来たときには、公園のHPでイベント情報をチェックして参加してみるのも、また違った角度からNYを知ることができる良い機会になると思います。

ひょんなことから2年連続でUS OPENの観戦に行っています。
今年は運良く、世界ランク1位のDjokovicの試合を観戦することができましたチョキ

N.Y.に恋して☆-US OPEN4
4回戦でのDolqopolovとの試合。右の白い服を着ているのがDjokovic。

N.Y.に恋して☆-US OPEN5
試合後の勝利インタビュークラッカー会場には大きなセルビア国旗を掲げたファンもいました。セルビアの英雄ジョコビッチにゃ

さぁ、明日の決勝戦は世界ランク2位のナダルとの対戦。勝利の女神はどちらに微笑むのでしょうか宝石白


0

-NYで夏を楽しむ

© 2021 NYに恋して☆