NYから日本を考える NYで驚きの体験

Go Go Japan!

日本が自国以外で開催のW杯で勝ち取った初めての勝利キャッ☆
日本サッカー界の歴史にまた1つ大きな出来事が刻まれましたキラキラ

私は日本にいた頃は、私の周りにいる人なら誰でも知っているぐらいに熱いサッカーファンでしたドキドキ

日韓共催、そしてドイツW杯は、とあるカラオケボックスの1階の待合室にある大きな薄型テレビやパブリックビューイング、お気に入りのサッカーバーに駆けつけたり、自宅で友達と観戦と、いつも誰かと試合を楽しんでいましたニコちゃん

しかし、こちらへ来てビックリするのは、驚くほどにワールドカップで盛り上がっている人が少ないこと目
オリンピックのときもそうでしたが、アメリカ人は独自のスポーツ嗜好があるようです。

アメリカ人が好きな典型的スポーツといえば、
野球、バスケ、アメフト
に尽きます。

そのため、2,3週間前、日本や他国ではワールドカップの話題で持ちきりであるはずの時期に、NYで大きな話題となっていたことといえば、数年後のアメフトのスーパーボールの開催地をマイアミからNY(正確にはお隣の州のNJ)が奪った、というニュースぼーぜん
どうでもいいのでは、と思ってしまうような話題ですが、画期的な出来事だ、NYへの経済効果が期待できる、とスポーツニュースでは大きく取り上げられていました。

とはいっても、アメリカ代表も今回のワールドカップに出場しているし、ラッキーではあったもののイングランドと初戦を引き分けています合格でも、いざワールドカップが始まっても、スポーツニュースではおまけぐらいにしかワールドカップのことは取り上げられません。不思議でなりませんが、これがアメリカのスポーツ感覚なのでしょう!?

ただ、NYは若干様子が違って、世界中の国々の人たちが暮らしているので、あちこちのバーで自国の試合を楽しむ人々を見かけますクラッカー
しかし、日本人が相対的に少ない状況で、その中でサッカーを見る人、となるとかなり数は限られてきてしまうのが残念です。そんなわけで、私も日本の結果は気にしているものの、いま日本にいたら非国民ではないかと思われてしまうぐらいに、かなり静かに行方を見守っている状態ですかお

カメルーン戦勝利のニュースは、韓国人のクラスメートの子が携帯で最新ニュースを見つけて、「本田って選手が得点したらしいよー。しかも、試合終了してるよ」と教えてくれましたビックリマーク

でも、日本人が私しかいないクラスなので、一緒に喜んでくれたのは、以前このブログに登場したイケメン先生(こちら を参照。アメリカ生まれではあるけれど、なんと純血日本人であることが発覚にゃ)だけでした。


0

-NYから日本を考える, NYで驚きの体験

© 2021 NYに恋して☆