本気で英語上達

Think aboutとThink of

(こちらは、以前アメブロに書いた記事です。アメブロから全ての記事を少しずつ移行中で、1週間ほど新しい記事として公開後、過去日付でこちらに格納したいと思っています。)

英語で一番困るのは、辞書を見てもその意味や使い方の違いが判別できない単語や熟語に遭遇したとき汗この違いは、ネイティブの人に聞くことでしか解決しません。

道端でいきなり見知らぬ人に聞くわけにもいかないし、会社でこんなこと聞いたらえっ?と思われてしまうに違いないし、と考えると友人に会ったチャンスで聞くしかありません。

以前はこんな違いを書きました。
宝石白purse vs wallet

昨日やっと解決したのが、Think aboutとThink ofの違い

ひらめき電球
宝石紫Think about:一度話題にのぼったことについて、考える
宝石ブルーThink of:まだ一度も話題にのぼっていないことについて、考える

Think aboutは「Let me think about it.」という表現をよく耳にしますが、いま話していたあるトピックについて、「ちょっと考えさせてください。」というニュアンス。

一方、Think ofは「I'm thinking of her birthday present.」という感じで使われるように、今から考えることについて使われるそうです。

そのため、友人にこの2つの違いってなに?と聞いたときに、その人はLet me think about it.という表現を使っていました。それは、この「2つの違い」がたったいま話題にのぼったから。

私の英語の勉強はまだまだ続きます本

-本気で英語上達

© 2021 N.Y.に恋して☆ Powered by AFFINGER5