ニューヨークの国際結婚カップル

「ニューヨーカーの出会い方」というシリーズで過去4回に渡って記事を書いてきましたが、とても人気の記事でしたので、今回は、ニューヨークの国際結婚カップルについて書いてみたいと思います。
過去記事は、こちらからどうぞ。

https://whitecatinny.com/category/nyで恋をする/

アメリカに住んでいる日本人は、かなりの確率で国際結婚をしていると思われる方もいるかもしれませんが、ニューヨークのように、日本人が多くはないものの一定数住んでいるような都市では、日本人は日本人と結婚しているケースがほとんどです。
そして、国際結婚の場合は、その大半が日本人女性の場合で、日本人男性が日本以外の国籍の人と結婚しているケースは、ニューヨークでは極めて少ないです。

ブルックリンのウィリアムズバーグの人気ホテル、Wythe Hotelは通用口もおしゃれ。

それは、どんな事情によるのでしょうか。
まず、一番に考えられるのは、育った環境と食べ物です。
日本で育った場合、当然ですが、日本の価値観が標準となりますが、一歩日本の外に出ると、日本で当たり前だったことがそうではない、ということはよくあります。

例えば、ニューヨークの場合、結婚してアッパーイースト(マンハッタンの高級住宅街)に住んでいる女性で、ごはんを全く作らない人は割と普通にいるそうです。
どうしてそんなことが成り立つのかと不思議に思ってしまいますが、女性も働いていて忙しい上に料理が好きでないような場合では、お手伝いさんが作ったり、デリバリーを頼んだり、といった形で、済ませているようです。日本だったら考えられないことです。
アメリカ人女性がそんな感じであれば、日本人男性はなかなか一緒にいることは難しいのではないかと思います。
これはあくまで一例ですが、女性のほうが男性よりも変化に対応しやすいので、異なる価値観に対してもより順応しやすく、日本人女性のほうが、日本人男性よりも国際結婚に向いているのかもしれません。

また、食べ物の好みの許容範囲もとても重要な問題です。
日本には、色々な国のレストランがあり、和食以外の料理を楽しむことはごく普通のことですが、アメリカでは、どんなに日本食が好きというアメリカ人でも、ダシの味の深さや薄味の和食の美味しさを分かる人はまだまだ多くありません。アメリカ人は、小さい時から、濃い味付けのものばかり食べているので、繊細な和食を究極的に理解するのはかなり難しいと思います。苦手なものが多いと言われてしまえば、そうでない方が相手に合わせることが一番早い対応策となります。その時に、日本人女性の方が、日本人男性よりも柔軟なので、そういった点からも、日本人女性のほうが国際結婚率は高いのかもしれません。

ニューヨークで先月オープンした話題の日系レストラン、Davelleのおでん。こうしたいわゆる和食のお店は、同じく味が分かって一緒に感動できる日本人と行きたいです。

私の友人でアメリカ人男性と国際結婚した子は、結婚してから、驚いた価値観の違いがあると話していたことがありました。
その男性は、両親が共働きで、家族で夕ごはんを食べるという習慣がなかったようで、私の友人が夜ごはんを、旦那さん、子供、自分の分と用意しても、旦那さんは自分の分だけ持ってリビングに行ってしまい、テレビゲームをしながらごはんを食べたり、ということがごく普通にあるそうです。
この話だけを聞くと、なんて非常識な人、と日本ではなってしまうかもしれませんが、私も何回も会ったことがあるその旦那さんは常識的な方です。
アメリカには、本当に色々な価値観の人がいるので、そういった話を聞いても、すぐに非常識という発想にはならず、きっと育った環境の違いから、そんなこともあるのね、と言った感じになります。
友人は、過去に何度か旦那さんにそのことを指摘しても直らなかったので、今は子供も小さいので諦めているそうですが、子供が小学生になった頃からは、食卓で食べてもらわないと、と強く思っているそうで、そのときには、旦那さんを説得しなければいけません。

このような感じで、国際結婚の場合、日本では当然と思っていた価値観が思わぬところで通らないこともあり、自分がどうしても譲れないことに関しては、相手ととことん話し合い、納得して、変えてもらうしかありません。相当なエネルギーが要りそうですが、自分が譲れないのであれば、話し合うしか解決方法はないのです。こういったことが、日常生活で出てくることになるので、傍から見ていたら華やかに見える国際結婚も、当事者からすると大変なことが多いようです。

ニューヨークの時の流れに乗って

ニューヨークは、驚くほどに時の流れが早い街です。
それは、仕事でもプライベートでも同様で、どちらもそのテンポの早さには目を見張るものがあります。

時の流れが早いことを、いつも皆あくせくしているとネガティブに捉えることもできますが、何でもどんどん物事が進んでいく、その潔さや変化の早さは、ニューヨークの良さでもあって、私はそんなニューヨークの側面も気に入っています。

観光にも人気のフラットアイアン地区。この平らな建物が目印です。

これは、ニューヨークだけの話ではありませんが、ビジネスの世界では、アメリカ人はだらだらと会議をすることはありませんし、会議が開かれる前から結論ありきで、そのために頑張って事前に根回しをして、会議は形式だけ、といったこともありません。会議の場では、建設的な議論が手際よく行われ、問題点や対応する点があれば、いつまでに誰が対処するということが決められ、会はさくっと解散します。

プライベートでも、友人と会うことになったら、ほとんどの場合、1週間以内に実現し、そこで面白い案が持ち上がったら、またたく間にその案が実行へと移されます。
先週、ある方に問い合わせのメールをしたら、数時間後にはもう返事が来て、4月末ぐらいにお願いしようと思っていたことを、翌日には対応してくれて驚いたのですが、ちょっと仕事がばたばたしているので4月末で良いかと思っていたものの、振り返ってみると、1ヶ月も待たずに早くに対応してもらって良かったと思いました。
また、今週頭には、渡米当初の語学学校のクラスメートで今は韓国へ帰国してしまった私の大切な韓国人の男友達からメッセージをもらい、急にニューヨーク出張が決まったようで、今日は久しぶりの再会を楽しみました。
1週間前には考えもしなかったことが、次々と起こっているのは、面白いです。

そんな変化が早いニューヨークでの生活に疲れてしまって日本へ本帰国する人も多いですが、私はニューヨークの流れに乗って、どんどん次のステップへと移っていくことを楽しんでいます。ニューヨークが合っていると話している私の友人や知人たちも、皆、持ち前の行動力で、久しぶりに会うと色々と新しいことに挑戦していることを聞きます。

ニューヨークを楽しむコツは、時の流れに身をまかせて、その瞬間を最大限楽しむことだと思います。頑張ってもうまくいかないことには無理に固執せず、違う方向からアプローチしてみたり、または、全く違うことに目を向けてみたり、嫌なことがあってもすぐに忘れて前へ進んでいくことが、この街では求められているような気がします。

アメリカのシンデレラウーマンの半生

アメリカは歴史が浅い国なので、普段は表立ってそういう素振りは見せなくても、歴史の長さに裏付けされた伝統や格式あるものに憧れているアメリカ人は多いのかもしれません。私がそんな風に感じるのは、アメリカ人のイギリス王室への眼差しに特別なものを感じるからです。(残念ながら、アメリカ人から日本の皇室への憧れは全く感じません)。

世界に王室制度をもつ国はいくつもありますが、その代表格といって間違いないのが、イギリス王室だと思います。いつもコンサバでありながらおしゃれな衣装に身を包み、そしてテレビや写真からも感じとれる気品漂う雰囲気は、普通の人では出せないものだと思います。

ケイティーさん、いつ見ても美しいです。

ケイティーさん結婚のときも、アメリカのメディアが連日その様子を報道していましたが、その時以上の盛り上がりを見せているのが、アメリカ人女優、メーガン・マルケルさんのハリー王子との結婚です。メーガンは、Suitsというアメリカの人気ドラマで弁護士役を務めて一躍その名を広めました。そして、ハリー王子との婚約。アメリカ人がイギリス王室入りするということで、今回の結婚を、アメリカのメディアはさらに神聖化しています。

直近のプロフィールだけを見ると、常に順風満帆のように見えるメーガンさんですが、実はかなり長い下積み時代を乗り越えて、ここまでやってきました。白人の父親とアフリカンアメリカンの母親との間に生まれたハーフのメーガン。両親は彼女が6歳の時に離婚。映画業界にいた父親の影響で、大学を卒業後、女優の道を目指しますが、そこは茨の道でした。黒人と白人のハーフであったため、白人というには色が白すぎず、黒人というには色が黒すぎず、ということで、なかなか自分にしっくりくる配役がなく、オーディションに落ち続けていたそうです。そして、自分のアイデンティティーを探しながら、オーディションを受け続けたメーガン。小さな配役をこなしながら、生計を立てるために、フリーランスの書家としての活動もしていたそうです。

メーガンがすごいのは、自分の道を失わなかったこと。自分を信じ続け、自分がこれと思ったことに情熱を注ぎ続けたことから、生計を立てるためとは言え、書道(ここでの書道は、招待状の宛名を英語でおしゃれに書いたりする西洋風書道のことです)はプロの腕前で、有名人の結婚式の招待状の宛名書きも経験したことがあるそうです。そして、長い下積み時代を経て、人気ドラマSuitsの役を射止めました。

You tubeでいくつか見たインタビューから垣間見れるメーガンは、ハリー王子と出会う前から、メディアからの雑音に惑わされることなく、自分が必要と思うことに集中してきたことが分かります。メディアからの注目を浴びやすい女優さんとなれば簡単ではないことだと思います。さらに、ハリー王子本人から聞くまで、みんなが知っているであろうハリー王子の過去も全く知らなかったそうです(同時にハリー王子もメーガンのことを全く知らなかったそうです)。私たち日本人でも皆知っているであろうハリー王子の生い立ちを全然知らなかったなんてことがあるのかと驚いてしまいますが、メーガンとハリー王子が出会うきっかけとなった二人のデートをセットアップした友人に、ハリー王子に会う前にメーガンは、「ハリーって優しい人?」とだけ聞いたそうです。

ハリー王子と5月に結婚式を挙げることになっているメーガンは、女優からの引退を表明し、今後は、人道活動等に力を入れていくそうです。女優時代にも国連の活動に積極的に参加していたメーガンにとって、新たな人生のチャプターの幕開けです。

長い下積み時代、そしてプライベートでは離婚も経験したメーガン。数々の試練をを乗り越えながら、自分が望むことに集中して幸せを自分で掴んできたメーガンの言葉には重みがあり、過去のインタビューを聞いていると、その力強いメッセージに、だからこそメーガンは生き生きと輝いているのだと思いました。

<おすすめのインタビュー>
BBCによるハリー王子とメーガンのインタビュー

2016年に行われたアトランタでの女性向けイベントでのインタビュー

メーガンの英語ははっきりしていて聞き取りやすいので、英語の勉強にも良いと思います!

私の歩くwikipediaくん?!

先日、出張帰りに飛行機からマンハッタンの上空を眺めていて、なんて小さな島なんだろうと改めて驚いたのですが、そんな島に憧れて、世界中から人々が集まってきます。

私が初めてニューヨークに旅行で来た時に感じたニューヨークの一番の魅力は、多様な人種が暮らしていて躍動感にあふれていることでしたが、ニューヨークで暮らすにつれて、それは、私が当初思っていた以上に大きな意味を持つことに気が付きました。色々な国から来た様々なバックグラウンドを持った人たちと話をすることで広がる知見とその醍醐味は、暮らしてみないと分からないことで、新しいことを見たり聞いたりすることが大好きな私にとって、ニューヨーク以上に楽しい街はないと、移住してから8年半経った今でも強く思っています。

今日は、そんなことを再確認する夜でした。
渡米当初は私の英語の先生、その後は、友人として付き合いが長い友人と夜ご飯を食べに行ったのですが、その友人は、私のブログに何度か登場している超がつくほどに天才的に頭が良い人で、そんな友人と出会えたのも、ニューヨークならではだと思います。(友人と出会ったきっかけ等は、こちらからどうぞ。)
この友人がすごいのは、どんな話題についても深い知識を持っていることです。私が普段疑問に思っていても、職場で同僚に聞くには堅すぎる話題だったり、アメリカ人に聞いても疑問に思ったことがないので答えが分からないことだったり、といったことに、いつも的確に答えてくれるのです。友人は、もともとはヨーロッパ出身で、大学からニューヨークへやって来ました。そのため、アメリカという国を外から眺めていることもあり、アメリカ人より幅広い視点を持っているのかもしれません。また、大学時代に日本語や日本の経済や歴史について副専攻で勉強していたので、日本の事情についても、一緒に語ることができて、とても楽しいです。

2週間半前にオープンしたばかりですが、既に大人気のレストラン、Davelle。日本人も共同経営者として加わっていて、日本の喫茶店文化をニューヨークに広めたいとの想いで作られたお店です。

夜のメインはおでん。友人は、漢字も熱心に勉強中なのですが、メニューを見て開口一番、「ごぼうって漢字でこうやって書くんだ!」と話していました(笑)

今日は、ふとしたことから、お互いに出身国でもなければ、私はまだ行ったこともない中国の現状や社会の仕組みでかなり盛り上がり、その後は、ニューヨークにはなぜホームレスが多いのか、とか、ロシアはなぜ選挙の時にトランプを支持したのか、といった私が疑問に思っていることについて、友人の見解を聞いたり、その後は、ジャニーズ事務所の社長がいかに権力を持っているかといった話や友人のマリファナ体験談(アメリカではマリファナが合法の州があります。)にまで話が広がりました。

あまりに何でも知っているので、「いつも辞書みたい」って思っているんだよって思わず伝えたら、新しいことを知るのが好きで、良く調べ物tとかしているんだよねーと話していたのですが、特定の話題について深く語れる人はいても、どんな話題についても深い知見を持っている人はなかなかいないので、そんな友人が持てるのも、ニューヨークならではの魅力だと改めて思いました。ニューヨークに住んでいると、飛び抜けた才能を持った人に出会うことがよくあるのですが、そんなことが起こったり、そんな人たちと友達になれるのはニューヨークならではです。また、ニューヨークに住んでいると、日本を中心に物事を見たり考えたりすることがなくなり、世界の他の国々で起こっていることを、より身近に感じるようになりました。というのも、日本とアメリカ以外の国出身の友人や同僚ができて、他の国のことも、より近く感じられるようになったからです。そして、それこそが、多様な人種が暮らす街、ニューヨークなのです。

アメリカの居酒屋メニューから見たアメリカの食事情

つい先日、ニューヨークの友達と日本のコンビニがいかに優れているかで話に花が咲いたのですが、コンビニが存在しない国に住んでいると、日本での一時帰国時の楽しみの一つは、コンビニに立ち寄ることだったりします。

日本の友達には驚かれるのですが、私は日本帰国時には、コンビニ内をよくうろうろしています。

ヨーグルトや飲み物の品揃えの良さに驚いたり、可愛い雑貨をチェックしてみたり、知らぬ間に進化していたマスクを見ていたり(アメリカでは、マスクをしていると他人に感染るような相当ひどい病気を抱えている人と思われるので、街中でマスクをしている人はいません!そのため、日本のように高機能のマスクは売っていません。)すると、あっという間に時間が経過するのです。

日本ではどこにでもある居酒屋も、アメリカでは貴重な食事処です。ニューヨークのような街では、一人300ドルもするようなお寿司のおまかせコースにお金を惜しみなく払う人もいるので、超庶民派の居酒屋は多くありませんが、アメリカの地方都市に行くと、それなりの大都市であれば、日本人が経営する居酒屋が1、2軒はあり、そんな居酒屋の存在が私にとってはオアシスです。

地方の大都市であれば、日系企業が進出し、一定数の日本人が住んでいるので、居酒屋も日本人経営のお店に出会うことができるのです。

日本とアメリカの居酒屋の面白い違いは、メニュー構成です。日本の居酒屋の場合、居酒屋が独自に家庭料理を一捻りして、今風にアレンジしたり、創作料理のような形にしていると思います。

それに対して、アメリカで日本人が経営している居酒屋では、いわゆる古典的な家庭料理がメニューに並びます。また、日本であれば、天ぷらは天ぷら屋、とんかつはとんかつ屋、お寿司はお寿司屋さんと特定のメニューに特化したお店が主流ですが、アメリカの居酒屋では、前菜から天ぷら、うどん、とんかつ、すき焼き、鰻重、ハンバーグ、さらにはお寿司まで、ありとあらゆるジャンルの和食を食べることができます。

あん肝のポン酢がけ。アメリカ人と一緒の時には絶対に頼まないメニューですが、一人出張だったので、気兼ねなく注文。

それはひとえに、アメリカで和食の材料を揃えるのに限界があるからだと思います。例えば、菜の花の和え物のような、日本では簡単すぎて家でささっと作るような品でも、アメリカでは日系スーパーでも菜の花は買えないので、そもそも自分で作ることは不可能です。それに対して、レストランは貿易業者を通じて幅広く、日本からも食材を仕入れているので、メニューのレパートリーが多いのです。

豚の角煮。角煮に使う厚い豚肉も売っていないので、外食の時に注文。

そのため、日本にいた時は家で作っていたような品を求めて、アメリカに住む日本人は居酒屋に行くのです。そこで、アメリカの居酒屋では、日本人には、おしゃれなメニューではなく、地味な家庭料理が好まれます。

また、和食をほとんど食べないアメリカ人でもお寿司は好き、という人が大半なので、お寿司のメニューも豊富です。

私も地方都市へ出張へ行った際は、必ず現地の和食屋さんを探しては、ごはんを食べに行きます。そして、材料が手に入らないために家では絶対に作ることができない古典的な和食を楽しんでいます。正直なところ、すごく美味しいわけではありませんが、普段食べられないものを食べられるのはありがたいです。

アメリカと日本で異なる居酒屋事情は興味深いと思います。

表紙の写真は、日本でも有名なこちらのお店のラーメン。

大昔に経営破綻したスーパー、ヤオハンを引き継いだミツワという大型日系スーパー。ミツワは全米の大都市郊外に店舗を構えているいわゆる普通のスーパーですが、アメリカでこれだけの規模と品揃えの日系スーパーはないので、アメリカに住む日本人にとって、ミツワに行くのはちょっとしたイベントです(笑)アメリカ人の同僚たちも喜んでいて、ある女の子は「レゴランドに行くみたい」と表現していました。

SATCのミランダがNY州知事に?!

アメリカで社会現象ともなり、日本にもファンが多いニューヨークが舞台の人気ドラマ「Sex and the City」に、メインとなる4人の登場人物のうちの一人として出演していたシンシア・ニクソンが、3月19日に自身のツイッターで、ニューヨーク州知事選挙への立候補を表明したと、3月20日付けのニューヨークタイムズ紙が報じています。

シンシア・ニクソンは、SATCに正義を貫く正統派弁護士として登場していた赤い髪の女性で、ドラマの中の名前、ミランダの方がしっくりくる方も多いかもしれません。

続きを読む

運が良い人と悪い人

ニューヨークはとても時の流れが早い都市で、流行も刻々と変わる一方で、仕事のテンポもプライベートライフも、日本にいた時とは比べものにならないぐらいのスピードで動いています。

2週間ぐらい間が空いただけで、友人と話すことが山ほどあったりと、皆変化の多い生活を送っています。

田舎の出張での唯一の楽しみは食べること。白ワインではなくビールを使ったムール貝が絶品でした。全然期待していない出張でしたが、初対面ですが、話しやすいアメリカ人の女の子とベトナム人の女の子の同僚に恵まれ、楽しいディナーとなりました。

ニューヨークで長いこと自身のビジネスで活躍されていて、私が日本にいる時からファンだった女の子と、色々な偶然が重なって友人になったのですが、その子が先日、とても興味深いことを話していました。

それは、「運の良い人と一緒にいるようにすること!」

これは彼女にとってパートナー選びの時にも重要な要素だったぐらいに大きなポイントだそうです。運といっても小さなものから大きなものまで様々だと思うのですが、その子によると、例えば、どしゃ降りでタクシーをつかまえるのも困難な状況で、ふと自分の前でタクシーを降りる人がいて、雨に濡れずにタクシーに乗れたり、と言った小さな運も、本人が引き寄せているのだそうです。

彼女が何故そのように強く思っているかというと、仕事柄色々な人たちに会う機会があって、それなりの地位を築いた人でも、大切な場面で不運に見舞われてしまったりすることがあり、その子から見ると、そういう人には性格に問題があったり、考え方がネガティブだったりと、必ず何らかの負の理由があるようなのです。そういう視点で考えてみると、私の周りにも、人一倍努力しているのに、努力と見合った成果がなかなか出ていない人がいて、確かに驚くほどネガティブ思考な人でした。

私の近い友人でも、人生の転機となる場面で大きな運を必ず掴んで、オンでもオフでも充実した人生を歩んでいる子がいるのですが、その子も超ポジティブ思考で、しかもとても性格が良くて彼女の周りに自然と人が集まって来るような子なのです。

あり得ないサイズのオレオクッキーを使ったチョコレートケーキ。田舎なのでこんなに巨大な大きさでも4ドルぐらいでした。ニューヨークではかろうじてコーヒーが買えるか買えないかと言った値段です。

最初の話に戻ると、時の流れが早いニューヨークでは、運はあちこちに転がっていて、突然向こうからやって来ることもあるし、自分で掴みに行くこともあります。最近、ちょっと面倒だと思っていた予定を先方がキャンセルしてくれたり、また会いたいと思っていた素敵な女性に偶然道端で出会ったりと有り難いことに小さな運が舞い込んで来ています。ビックリするような大きな運も舞い込んで来ないかなぁと思いつつ、無欲で生きていきたいと思います。

(表紙の写真は出張先のど田舎の小さな町の風景。スタバはもちろんなく、唯一あったダンキンドーナツが地元の人の憩いの場になっていました。)