グリーンカード取得まで

ニューヨーク移住を考えた時に2番目にしたいこと

先日、ニューヨーク移住を考えたときに最初にしたいこと、そして、なぜそれが必要なのかということを書いてみました。

ニューヨーク移住を考えた時に最初にしたいこと
ニューヨークにひそむ誘惑とは?!

今回は、その最初の関門を突破した次のステップのお話をしてみたいと思います。

ニューヨークで何年後にどんなことをしていたいという目標が決まったら、次にしたいことは、ビザの申請といった書類手続きが思い浮かぶかもしれませんが、その前に重要なことが、資金計画です。

駐在員としての渡米ではなく、自力での渡米の場合、ニューヨークへ渡る前、日本にいる段階でニューヨークでの仕事が見つかっているということは、かなり難しいと思います。
そうすると、渡米後一定期間は無職ということになります。

また、3ヶ月以上の滞在であれば、何らかのビザが必要になるので、そのためのお金も必要になります。多くの人は、学校に行くという形をとると思いますので、その場合は、学生ビザの申請が必要です。学生ビザはあくまで勉強のためのビザで、アメリカ国内での就労を固く禁じています(大学生が大学内の施設で働くことは一定の条件のもとで認められていますが、それ以外での例外はまずありません。)ので、学生ビザ取得のためには、銀行の残高証明書をアメリカ大使館に提出して、学校に行っている間生活をするための貯金が十分にあることを示さなければいけません。

アメリカでの生活の立ち上げには、意外とお金がかかります。
家の保証金を支払ったり、不動産屋さんを介して物件を探した場合には手数料の支払いもありますし、学校への学費の支払い、ビザの申請費用(留学斡旋会社を頼まずに自分でできますが、それでもビザ申請費用等諸経費は発生します。)、渡航費等々。
そういったことを考慮し、さらに、仕事が見つかるまでに数ヶ月かかると考えると、その間の生活費も必要です。

貯金が十分にないと、精神的にも不安定になってしまいますし、さらには、ニューヨークでの滞在が思った期間できそうになくなってしまった時に、アルバイトに精を出さざるを得なくなってしまい、結局本当にやりたいことに時間が割けなくなってしまい、当初のレールから大きく外れてしまう危険があります。また、アルバイト先にいる、同じように目標としていたレールから外れてしまっている人たちと集っていると、結局周りの雰囲気とニューヨーク独特の誘惑に流されてしまい、流されてしまっていることにすら気づかないかもしれません。

もともと学生ビザでのアルバイトは禁止されていますので、万が一それが移民局に見つかってしまった場合は、強制送還されてしまいます。
そうなってしまうと、自分の名前に傷がついてしまい、今後アメリカに仕事等の長期で戻ってくることはまず不可能となってしまうでしょう。

それぞれ目標とする滞在期間やニューヨークでの生活水準によって、渡米前に必要な貯金額は変わってくると思いますが、ニューヨークでの暮らしを精神的にも経済的にも余裕があるものとするためには、貯金は多いに越したことは間違いありません。

この時期恒例のホリデーマーケットが始まったグランドセントラル駅構内。

クリスマスオーナメントのお店。

こちらはニューヨークの景色を扱った写真屋さん。

-グリーンカード取得まで
-, , , , , , , , ,

© 2021 N.Y.に恋して☆ Powered by AFFINGER5