NYに住む アメリカ生活・SOS

山と谷の時に見えてくる本当の人間関係

日本の雑誌での星読みで有名で、個人鑑定は1200人待ちというyujiさんが、去年の10月から今年にかけては、自分が人生で本当に大切にしている生き方をどれだけ実践できるかが、本当の幸せにつながる、と話していました。

yujiさんのブログ(星読み語り)

肩書きや安定した収入をもたらしてくれる職業など、自分がしがみついていたものを思い切って捨てるのは勇気が要りますが、yujiさんは、植木鉢が10こあったら、一つ一つよく吟味して、違和感があるもの7、8こを思い切って手放すことができた人こそが自分らしい生き方を実践できる、と強調されていました。

私は昔から物欲がなく、有名ブランドのものだからとブランド品を買うこともなければ、自分や他人の肩書きにこだわることも全くなく、お金では買えない経験や人間関係に重きを置いて生きてきました。
そんなこともあって、傍から見たら無謀かもしれませんが、日本で安定していると言われていた大企業での良い待遇の仕事を辞めて、NYで仕事が見つかるまで無職で暮らすことにも何の迷いもありませんでした。

去年の秋、yujiさんの話を聞いたときに、まだ、大きな変化への心の準備ができていませんでしたが、不思議と、自然な流れで大きな波に乗ってきているようで、今まで続けていたことに疑問を持ったり違和感を感じるようになったり、逆に、今まで全く興味がなかったことにエネルギーを注いでみたいと思うようなことが度々起こっています。

そうした変化の時には、人間関係にも変化があるようで、普段連絡を取り合っている友人だけでなく、たまにしか連絡をとっていない人や、何年間もFBで繋がっているだけだった方から突然連絡をいただいたり、ここ数ヶ月でいろいろな人とやりとりをする機会がありました。

私の新しい出発を自分のことのように喜んでくれたり、お祝いの言葉をくれたりする友達、私の身に降りかかったネガティブな出来事の相談に乗ってくれる友人がいる反面、個人的にメッセージ交換をする中で私にとっては大きなニュース(グリーンカード取得)を近況報告として報告しても、お祝いの言葉すらくれない人もいました。

別にお祝いの言葉が欲しいわけではありませんが、私が逆の立場だったら、友人のおめでたいニュースは素直に嬉しく思うので、少し不思議な気持ちにもなりました。

でも、ここ数ヶ月、グリーンカード取得の前後から、私の人生は大きく動き始めていて、そのような大きな流れの中で、人間関係でも、大きな変化の時にいるのかもしれません。

初対面の人とは名刺交換から入り、さりげなく会社名や肩書きをチェックすることが普通となっている日本社会。それに対して、名刺はただのメールアドレスや電話番号を知らせるだけの手段であるアメリカ。私は、今までも、これからも、年齢、肩書き、職業を超えて、一緒にいて居心地が良い人、心が温かい人、相手の気持ちを理解できる人たちと本物の関係を築いていきたいと思っています。


0

-NYに住む, アメリカ生活・SOS

© 2021 NYに恋して☆