遊び心満載☆ノスタルジアトレイン

年々暖冬になっているニューヨーク。日によって気温差はありますが、今年も総じて過ごしやすい日が続いています。
私がニューヨークの寒さの基準としているのは、着るコート。本当に極寒のニューヨークでは、日本で着ていたコートでは全然間に合わず、私はZARAで買った内側がもこもこでスキーのジャケットのようなダウンジャケットを引っ張り出してきます。このコートが登場しないうちは、本格的な寒さではないかもしれません。

そんな過ごしやすい冬のニューヨークのこの時期の楽しみといえば、街中を彩るイルミネーションやホリデーデコレーションではないでしょうか(ニューヨークには色々な宗教の人がいて、クリスマスはあくまでクリスチャンのための行事なので、ニューヨークではあえて特定の宗教を避けるために、この時期のことをホリデーシーズンと呼んでいます。)。

ニューヨークの冬の楽しみ方は、皆それぞれ違うかもしれませんが(過去記事でご紹介した冬のおすすめは、NYで冬を楽しむのカテゴリー内の記事をぜひご参照ください。)、この時期はイベントが多すぎて、毎年消化不良です。

しかし、今年は私が渡米以来やってみたかったことをついに達成しました。
それは、期間限定のノスタルジアトレインに乗ること。鉄道おたくでは決してありませんが、歴史あるものが好きなので、ずっと気になっていたこの企画。

それは、なんと、1930年代に実際に使われていた地下鉄にそのまま乗車できるというものです。

丁寧に保存されてきたからか、現代の汚い地下鉄よりもきちんとしているかもしれません(笑)

 

イベント好きのニューヨーカーが考えそうなこの面白い企画は、ニューヨークの冬の風物詩の一つとなっています。それは、11月後半から12月末にかけての1ヶ月間、特定の週末に数本だけ、普通の地下鉄の路線を、大昔に使われた地下鉄が走るというとてもユニークなものです。

毎年ブルックリンの遠くの路線で行われていてなかなか行けませんでしたが、今年は2nd avenue line開通記念で、アッパーイーストの2nd avenueの始発96丁目の駅を通る路線が選ばれました。

1930年代といえば、日本は昭和の時代が幕開けしてまだ間もない頃です。そんな時代の電車がいまだに当時の姿で保存されていることだけでもすごいことですが、冬の楽しみとして、実際に運行してしまうという発想は遊びが大好きなニューヨーカーらしい発想かもしれません。

2nd avenueの96丁目駅。

 

電車が駅に到着すると一斉に拍手が沸き起こり、皆良い写真を撮ろうと一目散に電車へ近づいていました。電車は外観だけでなく、中も当時のまま。いすは意外としっかりしていて、裸電球がむき出しになっていたり、当時のまま広告も残っていて、時代の面影が至るところに感じられます。走っている途中で、蒸気機関車のような音が突然鳴ったり、電球が一瞬切れて社内が真っ暗になるところは、当時を再現した演出なのか、ただの不具合なのかは分かりませんが、友達とおしゃべりしながら、あっという間にマンハッタンの反対側まで到着しました。

昔の地下鉄は、こんなに落ち着いた色だったようです。

ネコの耳のカチューシャをつけた可愛い子もうまく写真に入ってくれています。

社内の広告にも注目です。

数年に一度ずつの度重なる値上げを経てついに1回の乗車運賃2.75ドル(ニューヨークの地下鉄は距離に関わらず、一律料金です。)にまでなった地下鉄ですが、当時はたったの10セント。

裸電球やむき出しのファンにも時代を感じます。

 

友人によると、この電車を含め、他にも昔の地下鉄は、ブルックリンにあるNew York Transit Museumに保管されていていつでも見ることができるようですので、ニューヨークの昔の姿に興味がある方は、ぜひお出かけください。
ノスタルジアトレインの運行スケジュールも同じくTransit Museumのサイトから確認ができます。

New York Transit Museum

ノスタルジアバスもあるようですが、こちらはHPに正確な運行スケジュールが載っていませんでしたので、運良く乗れたらラッキーかもしれません。

ニューヨーカーの出会い方

先日、読者の方から、ニューヨーカーはどこでどうやって恋人と出会っているのでしょうか、という質問がありました。日本でも「Sex and the City」が大ヒットしたので、あんなドラマのような世界が繰り広げられているのではないかと思っていらっしゃる読者の方も多いかもしれません(笑)

ついに点灯!ブライアントパークのクリスマスツリー。

私は大きな音がするところや人混みが好きではないので、渡米当初は興味本位で行ったりもしたクラブに行くこともなければ、あまりお酒を飲まないのでよほどのことがない限りバーに行くこともほとんどなく、週末は日本人の友達と遊ぶことが多いので、正直なところ、「本当の」ニューヨーカーの暮らしぶりはいまだに見えないところも多いですが、今までの生活からの考察という形で書いてみます。

ニューヨーカーと言った時、たぶん私たちが一番最初に思い浮かべるのは、ニューヨーク(しかもマンハッタン)出身のアメリカ人だと思いますが、実際、そうした人たちはごく一握りです。マンハッタンは生活費も家賃も高いので、マンハッタンで子育てをする人は少なく、独身時代はマンハッタンに住んでいても結婚や出産を機にニューヨークの郊外へと移っていく人は多いです。そのため、生まれも育ちもマンハッタンという人は日本で言えば六本木や千代田区一番町で生まれ育ったというような感じなのです。そこで、ここでは、ニューヨーカーは、ニューヨークに住んでいるアメリカ人と定義したいと思います。

また、ニューヨークは土地柄、移民もとても多く、そうした彼らもニューヨーク生活が長くなれば立派なニューヨーカーですが、ここでは、ニューヨークはあくまで第二の故郷である人ということで、彼らは移民と呼ぶことにします。

ニューヨークは、街中がホリデーモードで、華やいでいます。

ニューヨークのカップルは、大きく分けると、ニューヨーカー同士のカップル、ニューヨーカーと移民のカップル、移民同士のカップルに分けられ、どのパターンからにより、出会い方も異なっています。

一番一般的なニューヨーカー同士のカップルですが、彼らの出会い方は、近年のインターネットの発達により大きな変化を遂げました。インターネットが普及する以前であれば、Sex and the Cityにあったように、blind dateはわりと一般的でした。blind dateとは、誰かの紹介のもとに知り合う方法ですが、面白いのは、紹介者は最初にそれぞれに相手の連絡先を渡すだけで、その後のやり取りは紹介者抜きで進みます。紹介者の人は、自分の友人の中からきっと合うだろうという男女を厳選する上、紹介に値する人しか紹介しないので、アメリカでは昔は確実に異性と知り合う方法でした。

しかし、最近では、blind dateをしているという人を聞いたことがありません。
それは、インターネットの発達で、オンラインでの出会い系サイトが急速な発展を遂げたからです。オンラインの出会い系サイトというと、とても怪しい響きかもしれませんが、ワンクリックで何でも欲しいものが手に入るアマゾン発祥の地、アメリカ。そして無駄な時間は使わずに合理的に物事を進めようとするアメリカ人。彼らにとって、オンラインで異性と出会うことに全然抵抗がないのです。

究極的なところ、学生時代から付き合っている人と学生結婚をしたり(若くして結婚するユダヤ人のようなケース)、社会人になって結婚した人を除き、皆社会人のある時点でシングルの状態を経験していることになりますが、そうした人たちの中で、オンラインの出会い系サイトを使ったことがない人はいないといっても過言ではないほどに、アメリカでのオンラインの出会い系サイトの普及率は高いです。

オンラインの出会い系サイトにも様々な種類があるようで、本気で結婚相手を探す人用からちょっとした友達感覚で異性の友達を探すものまで、色々な種類のものが出回っているそうです。また、ユダヤ人同士の出会い系サイト(一口にユダヤ人といっても、派閥や信仰度合いは異なるので、詳細な質問に答える形でプロフィールを作成することで、自分と同じテイストの相手を探すことができるそうです。)や同性愛者向け出会い系サイトも、需要があるのは、アメリカならではかもしれません。

統計データを見たことがないので分かりませんが、私の感覚では、たぶん、ニューヨーカー同士の出会いで一番多いのは、学生時代からの付き合いかオンラインでの出会いです。それ以外に、ホームパーティーというのも一般的です。アメリカでは誕生日会や引っ越し直後のhouse warming party、また、特に理由もなくホームパーティーをすることも多く、そうした場には、主催者が呼んだ友人がそのまた友人を連れて参加することもごく普通ですので、そうした中で気が合う相手と出会うこともあるでしょう。また、ホームパーティー以外でも、イベントの多いニューヨークでは、あちこちで色々な催し物があるので、そうした場で出会うケースもあるかもしれません。

その他、Sex and the Cityでもあったように、バーやクラブで出会うこともあると思います。以前、アメリカ人の同僚の女の子たちが、素敵な人に出会えるバーとして有名なお店がマンハッタンにあることを話していました。お酒をあまり飲まない私はバーなんてどこも同じだと思っていたのですが、彼女たちによると、お金持ちの男性が多いウォール街のバー(ウォース街で働く人はすごく多忙なため、会社近くのバーで一杯ということが多いそうです。)や、近くに法律事務所があるためステイタスの高い男性が集まると言われているミッドタウンイーストのバーなど、ニューヨーカーの間で、出会いの場として人気のバーは存在するようです。以前勤めていた会社の目の前にあるバーもそんなバーの一つだったようで、会社の同僚の送別会で行った時、明らかに声をかけるための女性を探しているスーツ姿の男性を見かけたことがあります。日本の場合、飲みに行くというと、着席式が多いので、飲み屋で誰かと知り合うことはまずないと思いますが、アメリカでは、バーカウンターで立って話しながらお酒を飲むことは普通なので、こうしたことが可能なのだと思います。

そして、アメリカでごく少数の出会いは、もしかしたら日本では今でも一般的だと思われる職場での出会いです。以前、こちらのブログで何度か書いたことがありますが、アメリカではオンとオフをはっきり分けているので、オンの場で、オフで過ごす人と出会うということは、なかなかないことなのです(過去記事は、「NYで働く」内の記事をご参照ください。)

ニューヨーカーと移民のカップル、移民同士のカップルについては、また追って書いてみたいと思います。

Harvey Weinsteinニュースの余波

今朝からアメリカは、Matt Lauerさんのニュースでもちきりです。
最初名前を聞いたとき、誰だろう?と思ったのですが、顔を見たらすぐに分かったこの方は、NBCというアメリカを代表するテレビ局(フジテレビのようなイメージ)の朝のニュースの看板キャスターのおじさんです。

ウィキペディアより。

平日に毎朝アメリカのリビングルームでその顔が流れ、丹精な顔立ちと落ち着いたキャラクターで人気を博していた看板キャスターは、今朝、いつも通り朝のニュースに出演するために出勤したところ、朝4時に解雇を言い渡されました。他の番組出演者たちには、動揺しないように、7時に番組が始まるたった数分前まで伏せられていたそうです。

アメリカの芸能人にも有名人にも疎い私でも知っているこの方は、私がニューヨーク生活に慣れ始めた頃、英語の勉強のためにと毎朝見ていたニュース番組のキャスターで、もちろん会ったことはありませんが、私にとって馴染みのある方でもあります。

ご自身のtwitterより。

その方に一体何があったのでしょうか。全ての事の発端は、日本のニュースでも大きく報道されていたHarvey Weinsterinのセクハラ疑惑に遡ります。
その後、映画界の人だけでなく、テレビのキャスター等、アメリカのメディア界を引っ張ってきた多くの人たちにもセクハラ疑惑が次々と持ち上がり、数日に一人という驚くべき頻度で、有名人が次々と加害者としてニュースに登場してきました。
そして、極めつけは、Matt Lauerさん。アメリカのニュースキャスターの巨塔の一人で、アメリカ大統領へのインタビューやオリンピック中継のメインキャスターを何度も務め、その他、つい先週のサンクスギビングの代名詞とも言えるMacy’sが主催するパレードの実況中継も1998年から担当していたベテランキャスターに、一体何があったのでしょうか。

報道によると、2日前の11月27日にNBCの女性職員が、Mattから長年に渡ってセクハラ被害にあってきたことをNBCの幹部に告げ、そこから直ちに始まった調査で、この件以外にも複数の疑惑が浮かび上がり、今回の決定に至ったそうです。

Harvey Weinsteinに始まる一連の騒動は、色々謎めいた点も多いです。
Harvey Weinsteinのセクハラ疑惑は、業界関係者の間では有名だったものの、なぜ何十年も封印され続けられてきたのでしょうか。そして、なぜこのタイミングで公にされたのでしょうか。

Harveyの場合は、映画制作者という彼の肩書とそのあまりにも強い権力から、駆け出しの女優さんたちが、自分の仕事がなくなってしまうのを恐れて泣き寝入りしてきてしまった、というのは納得がいきますが、NBCのような大手テレビ局の内部で起こっていたセクハラ疑惑は、なぜ今まで封印されてきたのでしょうか。NBCのようにしっかりした会社であれば、従業員による匿名のホットラインのような制度もあったでしょうし、人事部も大きな力を持っているはずです(アメリカの人事部は、日本企業の人事部と比較して、総じてかなり社内での力が強いです。)。ソチオリンピックの頃から始まったと言われているMattによるセクハラの被害者は、匿名という形でも過去にこの件をNBCの幹部に伝えることはできたはずですが、現時点での報道では、過去にそうした動きがあったとの報道はありません。善悪がかなりはっきりしているのがアメリカ社会の特徴ですが、長いものには巻かれるの原理で、相手の男性があまりに有名人だったり力がある人だと、会社側も男性を守ろうという動きになりがちで、女性側は、自分の訴えは跳ね返されてしまうと思い、ずっと今まで我慢し続けてきたのでしょうか。
しかし、こうして名乗りを挙げるまで何年間もの間、MattにNoと言うことはできなかったのでしょうか。

私がアメリカ社会の仕組みについて知らない部分が多いために、こんなにも女性たちが強くて自分の意見を主張する国で、泣き寝入りがあることに驚いていますが、私の疑問は何かの機会に、アメリカ人の友人に聞いてみようと思います。

NBCニュースでMattと長年タグを組んできた女性キャスターは、今日、この件について、昨日までMattと一緒に出演していた朝のニュース番組でコメントを発表しました。突然のことに動揺が隠せない様子で、Mattのことをdear friendと呼び、仕事の上でも尊敬していたことが伝わる内容だっただけに、皆が衝撃を受けています。

今回の件で驚くのは、NBCの対応の早さです。月曜日に発覚した件が水曜日早朝には解雇という事態へと発展。しかも年収20億円と言われる看板キャスターです。日頃思うのですが、アメリカ人の思い立ったときの行動力には目を見張るものがあり、ほぼ1日半から2日という短い間に解雇するに足る証拠を集めてしまいました。
これがもし日本で起こっていたら、こんなに早くこうした形での決着を迎えていたかしらと、ふと思いました。

ニュースキャスターの英語はそれなりのテンポはあるものの聞き取りやすく、私のリスニング力の手助けをしてくれていた方が、こうした形で、自らの手で自ら築いてきたキャリアを棒に振ってしまい、一瞬にして第一線から消えてしまったのは、とても残念です。

*Weinsteinの件については、アメリカ事情に詳しい日本の友人が教えてくれたこちらの記事が、鋭い考察力で読み応えがあります。

日本人に足りないある発想

つい先日、私よりもニューヨーク歴がはるかに長く、あらゆる面で私が頼りにしているすてきな日本人女性の方と話していて、二人で一致したのが、日本人がアメリカ人に比べて著しく劣っているある発想についてです。

それは、「自尊心」(英語で言うとself esteem)。

謙遜が美徳とされ、出る杭は打たれるということわざが示しているように、人より何かで少しでも目立ってしまうと叩かれてしまいがちな日本社会では、自尊心を高く保つことは、かなり難しいのではないかと思います。「いえいえ」「大したことありません」なんて言う言葉で、ついつい謙遜してしまいがちです。

それに対して、基本的に「自分が大好き」な国民性のアメリカ人。日本人とは真逆で、最初は戸惑うこともありましたが、基本的に自尊心が高い人ばかりのアメリカ社会では、逆に、低い自尊心を出してしまうと、自分自身が損をしてしまったり不都合が生じることがあり、英語を話している時には、基本的に自尊心を高く保つようにしています。

例えば、日本でよく日米の文化の違いとして挙げられるお土産の渡し方も、日米での自尊心の違いを表している良い例だと思います。自尊心の高いアメリカ人であれば、自分が相手のために素晴らしいお土産を選んだのだから、相手も喜ぶに違いない、という発想が根底にあり、「あなたにぴったりのお土産を見つけたんだけど、どうぞ。」なんて言って手渡します。それに対して、全く同じような状況で、相手のために時間や労力をかけて探したお土産でも、日本人であれば、「つまらないものですが」、そして、食べ物であれば「お口に合うか分かりませんが」と枕詞を添えて手渡すことが一般的だと思います。

これはあくまでちょっとした一例でしかありませんが、アメリカで暮らし始めて最初に感じる戸惑いやちょっとした違い、すれ違いは、自尊心の高さが相手と極端に異なるからなのではないかと最近は思います。

そして、NYという土地柄、アメリカ人だけでなく、ヨーロッパや南米、その他の地域の人たちを見ていて思うのは、自尊心が著しく低いのは日本や韓国、中国といったアジア諸国で、それ以外の国の人たちは皆高い自尊心を持っています。

さすがに至近距離では撮れないので、見にくい写真ですが、週末夜にドレスアップしたゲイの方々。ゲイの人が生きやすい社会であるというのも、ゲイの人たち自身が、たとえ社会の中で少数派だとしてもゲイというプライド(自尊心)を高く保って生きているのと同時に、自尊心の高い周囲の人たちもそうした彼らのプライドを受け入れているからだと思います。

ニューヨーク生活が長い日本人は、アメリカ人ほどと言わなくても、通常の日本人よりは自尊心が高めかもしれません。実力が伴っていないのに自信を持つことは禁物ですが、ある程度やってきたという自負があるのであれば、それなりに高い自尊心を持たないと、アメリカ社会では生き残れないのではないかと思います。
変に謙遜してしまう人と話をしていると、結局その人の本心がどこにあるのか分からなくて、ついこちらも構えてしまいますが、自尊心が高い人は、思ったことをストレートに表現してくれるので、知り合ってすぐにでも距離を縮めることができ、私の身近で、私が素敵だと思う日本女性たちは、実力と自尊心のバランスが良い方々です。

さきほどのお土産の例に戻ると、ニューヨークであれば、日本流の枕詞は省いて、「これ、日本で見つけて、xxちゃんにぴったりだと思って買ってきたの」とか、「日本で人気のようで、とても良い物なので、xxさんにもぜひ」なんて言って渡すことでしょう。

self esteemは一朝一夕で変わるものではないので、この違いは学校教育やその社会で大切にされている価値観の違いによるのではないかと思います。

アメリカの高級ジムに潜入!

以前こちらにも書きましたが、アメリカ人は男女を問わず、とにかくスポーツジムが大好きです。

アメリカで普通に食事をしていたらカロリーオーバーになることは間違いないのですが、この時、面白いことに、アメリカ人は、なるべくカロリーの低い食事にするという発想にはなりにくく(きっと幼い頃からバランスの取れた食生活の必要性について教わっていないために、食については偏った、または間違った知識を持っている人が多いです。)、カロリーオーバーになってしまった分は、スポーツジムで燃焼しようとします。

特に、他州に比べて外見に気を使う人が多いニューヨークでは、街の至るところにスポーツジムがあり、また、ちょっとした大型アパートであれば、スポーツジムを併設しているところも一般的です(家賃に含まれている場合とそうでない場合があります。)。

スポーツジムは、仕事の前後のお客さんに対応するため、早朝から夜遅くまで開いているところが多いです。

週末に偶然イーストビレッジで見つけた壁画アート。

数あるスポーツジムの中でも高級店の一つがEquinox。広々としたスペースに数多くのスポーツクラス、アメニティーは全てKiehlsという徹底したこだわりで、高い月会費(150ドルから200ドルぐらい)にも関わらず、ニューヨーカーたちの心を掴んでいます。

ブラックフライデーから始まり、今はちょうどアメリカ全土でセール中なので、興味本位で、話を聞きに行ってみることにしました。

私を出迎えてくれた若いお兄さんは、言葉遣いや私への応対等、こてこてのセールスマン。最初に個室でカウンセリングを受けたのですが、開口一番言われた言葉に少し面食らいました。
ジムの一般的な説明を聞きに行っただけなので、日本であれば、ジムの簡単な紹介、そして提供しているプログラムや営業時間といった基本的な説明を相手の方がしてくれて、最後に質疑応答というスタイルなので、同じようなことを期待していたら、突然、そのお兄さんに、”Please tell me about yourself.”と言われたのです。

とりあえず、私がなぜこのジムの体験に来たのかを説明することだと解釈し、小さい頃から身体を動かすことが好きで色々運動してきたけれど、最近は不定期でテニスをしているだけで、身体を動かす機会が足りないこと、家の近くにあるジムで通うのに便利だと思ったこと、つい最近友達がEquinoxのミストサウナが大好きで私も興味があること(アメリカの一般家庭には、身体がつかれるような湯船がなく、基本的にシャワー生活なので、日本人は皆お風呂を恋しがっています。)等を手短に伝えました。

その後は、このジムでどんなことをしたいか、とまた質問攻めにあい、自分から色々話すことになりました。アメリカ人は話好きな人が多く、どんな場面でも、私は聞いている側にまわることが多く、話しているときでも、ちょっとでも間をあけてしまったりするとすぐに誰かが話しをするので、私の話を一言一句漏らさずに誰かが聞く、という状況は不思議な感じでした。

そして、最後に、では、内部を案内しましょうと言ってお兄さんが席を立ってくれた時には、やっと開放された、と少しホットしたのですが、このジムの内部は、器具の性能やゆとりあるスペース、きれいさ等、どこをとっても一流でした。

こちらは、ブルックリンで見かけたちょっとセクシーな壁画。

以前、日本のテレビ番組で、ある日本人男性が、パートナーの男性とEqinoxで出会ったと話していたのが印象的でしたが、なんとなく納得です。

最後は、今日契約すれば、Cyber Mondayの特別セールでさらにお得だよ、と熱心に勧誘されましたが、お兄さんにとっても手数料が入るので熱心であることには間違いありません。
そんなに高いジムにポンとは入れないし、アメリカ人とどこまで交渉できるかも興味本位で試してみたかったので、とりあえずは3日間の無料パスをもらい、今週行ってみることにしました。その後、今日限りと言っていた割引を適用してくれないか、交渉してみようと思います。

既存のパッケージを売るスタイルの日本と、まずはあなたのことを教えて下さい、と言って相手に話させるスタイルのアメリカ。まさかジムでいきなり”tell me about yourself”なんて言われるとは思ってもみなかったので驚きましたが、文化の違いを感じる面白い体験でした。